アイリスオーヤマ株式会社
ボート競技部 オフィシャルブログ

04/30

13:01:19

北京五輪アジア大陸予選
上海から帰国しました。

結果は岩本は軽量級ダブルスカルで優勝し、五輪出場権を獲得。
須田はシングルスカルで準決勝で3位と1秒差で惜しくも4位となり、決勝進出の6位までに与えられる出場権の獲得はなりませんでした。

今回は史上最多の25カ国の参加があり、これまでのアジア大会の中でもレベルが高かったように思います。
ただ、さまざまな理由から外部からの入場を一切シャットアウトしてレースが行われた為、盛り上がりには今ひとつでした。

上海のコースは日によって風向きが変わり、初日はあまりの強風に1時間ほど遅れたレースもありました。
レース期間中はずっと逆風なので、タイムは平凡ですが、まずは出場権が取れたことにホッとしています。

今後もそれぞれの目標に向かってベストをつくします。
応援よろしくお願いします。
 
 

04/16

11:21:44

お花見レガッタ 結果
結果をここで報告するっていったのに〜!

ほったらかしにしていて申し訳ありません。

アイリスボート部二人は、福地がシングルスカルで3位。
大元は仙台大の学生と組んで6位という結果でした。

結果だけ見るとまだまだと言う感じですが、福地は昨年より二つ順位を上げています。

今年は全日本選手権が9月になり(以前は6月)、シーズンもいつもより長くなりますし、まだ始まったばかりなのでいくらでも修正可能です。
今後も応援宜しくお願いします。


さて、岩本と須田は18日に日本を出発して25日〜27日にあるアジア大陸予選で、オリンピックのい切符を取りに行って来ます。

この一ヶ月みっっちり練習してきたので、またここでよい報告が出来るようにベストをつくします!
 
 

04/06

09:35:16

お花見レガッタ
昨日から今シーズン初のレース、お花見レガッタが始まりました。

福地はシングル、大元は仙台大の学生と組んでダブルスカルで出場しています。
2クルーとも、今日の午後に行われる決勝に進んでいます!

この時期はいつも風が強くて、荒川土手の桜もほとんど散ってしまうのですが、今年は比較的穏やかで「お花見」レガッタらしくなっています。

上海のアジア大陸予選出場組は、練習もピークを迎えかなり疲労困憊ですが、午後はOFFなので2人の応援に行ってきます。

結果はまたここで報告しまーす。


 
 

03/24

23:09:41

大元&福地戸田に合流
今日から大元と福地が戸田へ合宿に来ました。

私と須田はナショナルチームの全体合宿に参加しているので、一緒にトレーニングというわけには行きませんが、お花見レガッタまで(4月5日〜6日)久々に長い距離が漕げるので、いい練習をしてほしいと思います。

戸田のいいところは、白石川と比べると直線距離で少なくとも1500mを漕ぐことが出来ること。
また、高校生から社会人、シングルからエイトまで、さまざまなクルーがいるのですごく刺激になります。

同じメニューはやりませんが、久々に四人そろって同じ場所でトレーニングできるのも、結構嬉しかったりします。








 
 

03/17

23:15:29

ヘモグロビン強化週間
前回の更新から少し時間が空いてしまいましたが、
ここ最近で一気に春ですね。

花粉症の方々はきっと苦しんでおられることと思います。
私も実は目が痒かったり、漕いでいると気付かぬうちに鼻水が垂れてきたりしてます。
ただ、花粉症と認めるのがイヤで、昨日の夜寒かったしな〜と自分自身を偽ろうとしています。

さて先々週から再び戸田で合宿再開しています。
今回は4月6日まで低酸素室に宿泊です。
高度は前回と同じ2500m。

血液の中で酸素を運んでくれるヘモグロビンを増やす事が目的なのですが、過去2回とも本人はいまいち実感が湧きません。
ただ、採血などの検査結果を見ると、効果は現れているそうです。



練習では、4月末のアジア最終予選に向けて、
ダブルスカルでの練習が本格的に始まりました。


ボートという競技は、ヒーローが生まれません。
(シングルで勝ちつづけている、ものすごく強い選手は別かもしれませんが・・・)
とくにダブルの他、フォア・エイトなど、
何人かで漕ぐ種目では、乗っているボートは一つですから
誰か一人が目立って、ヒーローになるということはありえないのです。
ボートが究極のチームスポーツと言われる所以でもあります。

が!
練習をしていると、(特にボートの上にいるときは、)
私は非常に熱くなりやすい性格でして。
陸に上がってしばらくしてから、パートナーに対して
もうチョットやさしく言うべきだったかな・・・とか、相手をもっと信頼して漕がないといけないな・・・とか、反省することもしばしば。

ナショナルチームの女子の中じゃ、最年長のお姉さんなので、
クールに対処しなくては!と思うのですが。
残念ながら、まだまだ大人になりきれません。



ヘモグロビンが増えて、脳にもっとたくさん酸素が行くようになったら、もうちょっとクールになれるかしら・・・と、低酸素室の効果をひそかに期待しています。




 
 

03/03

12:19:26

エルゴ測定
 先週、エルゴマシンというトレーニング機器を使って2000mの測定を行ないました。

 結果は・・・2年ぶりくらいにベストを更新することが出来ました。更新出来たといっても1秒ですが、最近記録が伸び悩んでいましたので、今回記録を更新することが出来、順調にトレーニングが出来ているんだなと改めて実感することができました。

 今月末からは、合宿や大会等が入ってきますので、継続して質の高いトレーニングを行い、少しでも良い結果を残せるように頑張りたいと思います。
 
 

02/28

08:59:44

久々の帰宅
ナショナルチーム合宿が終了し、久しぶりに宮城に帰ってきています。
久々の自宅はやっぱりいいですね〜。
白石川でも練習しましたが、空気が気持ちよくてものすごくリフレッシュできました。

選考の結果は日本ボート協会のホームページに出ている通りですので、詳細は割愛したいと思いますが、とにかく全力でレースをやりきることが出来ました。

まだ内定と言う段階で、選手側としては何も決定していないという感覚の方が大きいです。
合宿が終われば少しはホッとするのかと思っていましたが、今まで以上に身が引き締まる思いです。

とにかく、一選手として北京へ向けてこれからもいつもと変わらぬ姿勢で練習を続けて行きます。

また、日本代表そして五輪の出場権獲得が「確定」したら、ここでも報告させていただきたいと思っています。
 
 

02/14

11:36:32

トレーニング
 岩本さんたちはついに選考が始まっているようですね!いつも通りレースに臨めれば必ず代表の座を獲得できると思うので、頑張って欲しいです。
 私たち白石組みは、選考はないものの全日本に向けてトレーニングを進めているところです。トレーニング内容としては、ランニングやウエイト、サーキットトレーニングのどを行なっています。休日になりますと時間をフルに使えますので、水上でのトレーニングを中心に行なっています。
 仙台大学の学生も一緒にトレーニングを進めていますので、お互い刺激し合ってトレーニングが出来ています。
 3月の下旬からは大会に向けた合宿が入ってきますので、しっかり今の時期に基礎体力をつけてシーズンに備えていきたいと思います。

 
 

02/12

23:15:56

選考スタート!
北京五輪まで半年となりました。
他の競技でも選考がバンバン始まっているみたいですね。

今週からいよいよ女子の選考合宿がスタートしました。
今回も前回と同じく、まずはエルゴ測定です。
2000m×1本と4000m×3本です。
アップも含めると、終了したのは2時間後。

やっぱりつらかった〜。
ですが!2000mでは2年ぶりにベストを更新しました。うれしいー!!
4000mで自己ベスト更新は以前もここに書かせてもらいましたが、2000mはやはり特別です。もちろん実際のレースと同じ距離ということもありますが、もう何十回とトライアルをしてきている距離なので、自己ベストのペースで入るのはすごく勇気が要るんです。
最初に飛ばしすぎてラスト1100mくらい(まだ半分もいってない)で猛烈に後悔することも・・・。
今回更新したのは実はたったの1秒なのですが、私にとってはとっても大きな1秒でした。

そういうわけで、今日は体がすごく疲れてて、眠い気もするのですが、ベットに横になってもなかなか寝付けません。脳がまだ興奮状態のようです。
なので、もぞもぞ起き出して、部ログを更新することにしました。


エルゴではベストが更新できて、好スタートが切れたし、心の中ではヨッシャ!と言いたいところですが、こうして調子に乗っているときこそ要注意。

明後日からはいよいよ水上でのレースが始まります。

ここで勝たないとまったく意味がないので、良かった結果は今日でぜーんぶ忘れて、明日からはまたいつも通りやりたいと思います。





 
 

02/06

23:26:26

春まだ遠し・・・
四日の立春は久々にぽかぽか陽気だと思いきや、今日はまたよこなぐりの雪が・・・。
春はもう少し先のようです。

今日は午前中乗艇、午後はエルゴでトレーニングでした。
最近測定でもよくやる4000mを3セットです。
レート(漕ぐピッチ)指定されていたものの、結構つらかったです。
なぜなら今日の自分のテーマはバテる事!
レースでバテたら困りますが、練習ならいくらでもOKだと思っています。
筋肉や神経は追い込む経験を積むことによって、次に同じ辛さが来た時にはそれに耐えることができるようになるからです。
要するに体に学習させるんですね。

ただ、レースっていつも以上に力んでしまうことがよくあるので、すごく早くバテてしまう事もあります。
「どうしたんだ私〜!」と思っても後の祭り。
1000mまでに水を開けて勝っていたのに、最後の最後で刺されて逆転負けという、非常にかっこ悪いレースをしたこともあります。しかも結構最近。。。

いよいよ来週は選考レース。
1週間後の今ごろは、ぽかぽか陽気に胸躍らせていられるか、今日のような横殴りの雪の中にいるような気持ちになっているか・・・
前者でありますように。

明日も“いつも通り”で練習がんばりまーす。


 
 
次へ≫