光輝くVラインの顔 とうもろこしのひげ茶

ほんのりとした甘みと香ばしさが特徴です。カロリーゼロ・カフェインゼロです。
韓国ではコンビニやスーパーで定番販売されている大人気商品です。

植物混合抽出液(とうもろこしエキス・とうもろこしのひげエキス)、玄米エキス、香料(玄米)、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(ステビア)、とうもろこしのひげ抽出粉末、炭酸水素ナトリウム、グリシン

とうもろこしのひげ茶 成分
植物混合抽出液(とうもろこしエキス・とうもろこしのひげエキス)、玄米エキス、香料(玄米)、酸化防止剤(ビタミンC)、とうもろこしのひげ抽出粉末、甘味料(ステビア)、炭酸水素ナトリウム、グリシン

中国 豆満江流域の120万坪の畑にて直接栽培をし、農薬・合成肥料は一切使用していません!ちなみに「豆満江流域」は、昔からとうもろこしと豆の名産地です。中国の白頭山、長白山脈から数万年間、雨によってもたらされた栄養たっぷりの用土で育てられています。

とうもろこしのひげ茶の本場韓国において「とうもろこしのひげ」は、古くから漢方臨床または、民間薬として多く利用されてきました。日本でも民間薬としてとうもろこしのひげを乾燥させたものを南蛮毛(なんばんげ)と呼んでいます。とうもろこしより、保存がきくので旬に関係なくいつでも煎じて飲めます。

とうもろこしのひげ茶の販売数1ヶ月間で1,000万本以上!韓国の全人口は約4000万人そのうち、全国民の25%が1ヶ月に1本以上、ひげ茶を飲んでいることになります!
夏にとうもろこしのひげ茶を常備する家庭もたくさんいます。

このように古くから漢方薬などに使用されるほど、成分がたくさん入ったとうもろこしのひげ。韓国ではお茶として食事のときなどに当たり前のように飲まれてきました。
日本でもお子様からお年寄りまで幅広く飲んで欲しいおすすめのお茶です!