暑い夏をむかえる前にエアコンの試運転を行いましょう!

\エアコンの不調に気付いてる?/

エアコンが臭う…

なんだか冷えない…

6月~7月になると、
お問い合わせや修理・点検のご依頼が多くなり、
修理対応でお待たせしてしまう場合もあります。

本格的にエアコンを使い始める前の、

5月中の試運転
おすすめします!

室内機・室外機を点検しましょう

01 吸い込み口・吹き出し口

吸い込み口や吹き出し口がふさがれていないか確認してください。

吸い込み口や吹き出し口が
ふさがれていないか確認してください。

エアコン運転中は、室内の暖気を
外に放出するため室外機は放熱しています。
吹き出し口付近に障害物があると、
故障や電気代が高くなる原因になります。

02 エアコンフィルター

エアコンフィルターを掃除してください。

エアコンフィルターを掃除してください。

お手入れの適切な頻度は、2週間に1回です。
フィルターが汚れると、能力が下がり
電気代が多くかかってしまいます。

フィルターを掃除することで、
無駄な電気代を抑えることができます

03 ドレンホース排水口

ドレンホースの排水口が、ふさがれていないか確認してください。

ドレンホースの排水口が、
ふさがれていないか確認してください。

排水ホースがふさがれていると、室内機側
から水漏れが発生する可能性があります。

運転動作の確認をしましょう

04 電源プラグ

電源プラグはしっかりとコンセントに差し込まれ、ほこりが溜まっていないか確認してください。

電源プラグはしっかりとコンセントに
差し込まれ、ほこりが溜まっていないか
確認してください。

電源プラグとコンセントのすき間に
溜まったほこりが原因で、コンセント付近
から発火する可能性があります。

05 リモコン・乾電池

リモコンの表示部に電池マークが点灯した時は、早めに電池を交換してください。(単4形乾電池×2本)

リモコンの表示部に マークが
点灯した時は、早めに電池を交換
してください。(単4形乾電池×2本)

液晶は表示されていますか?
いざ使用するときに電池切れに
ならないようにしましょう。

06 試運転

運転モードを「冷房」にし、10分程度運転してください。冷風がしっかりと出ているか確認してください。

運転モードを「冷房」にし、10分程度
運転してください。冷風がしっかりと
出ているか確認してください。

07 ランプの確認

運転中に異常を示すランプが点滅していないか確認してください。

運転中に異常を示すランプが
点滅していないか確認してください。

表示パネルに英数字のコードが
表示されたらエラーになっています。
詳細は、取扱説明書をご参照ください。

08 水漏れの確認

30分程度運転し、室内機から水漏れがないか確認してください。

30分程度運転し、
室内機から水漏れがないか
確認してください。

ドレンホースに水が通りにくい状態に
なっていたり、フィルターや室内機内部が
汚れているなどで結露水がうまく
排出できていない可能性があります。

万が一、試運転で
異常が見つかった場合は
下記をご確認ください。