IRIS OHYAMA アイリスオーヤマ

検 索
MENU
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. ニュース
  4. 2014年
  5. 日本の住宅様式に合わせ収納のしやすさに配慮 「高圧洗浄機」2機種を発売

日本の住宅様式に合わせ収納のしやすさに配慮 「高圧洗浄機」2機種を発売

高圧洗浄機

生活用品製造卸のアイリスオーヤマ株式会社(本社:仙台市、代表取締役社長:大山 健太郎)は、近年の日本の住宅環境の変化に対応するため、収納の容易性を重視した高圧洗浄機2種「高圧洗浄機FBN-301」を2014年10月10日に、「タンク式高圧洗浄機静音タイプSBT-513」を2014年10月31日に発売します。ホームセンターや家電量販店を中心に販売し、初年度計2万5千台の出荷を目指します。

総務省が5年ごとに行っている「住宅・土地統計調査」によると、国内の住宅様式はマンションなどの共同住宅が全体の4割以上を占め、年々増加の傾向にあります。※1共同住宅では収納場所も限られているため、高圧洗浄機のような大型の機器をしまう十分な場所が少ないのが現状です。高圧洗浄機に関する当社アンケートの結果でも、高圧洗浄機に対する不満の第3位に「収納がしにくい」が挙げられています。※2また、購入しない理由の第2位にも収納に対する不満が挙げられており、収納場所の不足に悩む生活者が多いことは明らかです。

当社は従来から、使用時の音を抑えた静音タイプや、蛇口が無い場所でも水を溜めて使用できるタンク式タイプなど、日本の住宅環境や生活者のニーズに合わせた高圧洗浄機を開発してきました。今回新たに、最小限の製品サイズに抑えた「高圧洗浄機FBN-301」と、タンク内にパーツをまとめて収納できる「タンク式高圧洗浄機静音タイプSBT-513」を追加発売します。「高圧洗浄機FBN-301」は側面がA4サイズよりも小さく、省スペースでの収納が可能で、軽いので取り回しがし易いのが特長です。「タンク式高圧洗浄機静音タイプSBT-513」は付属パーツをフタ付きのタンク内にまとめて収納できるので、大容量と省スペースを同時に実現します。

当社は今後も日本の生活環境の変化を意識し、使いやすさを追求した新商品を発売することで、清掃器具のイノベーションに積極的に取り組んでいきます。

※1:総務省 平成25年住宅・土地統計調査「建て方別住宅件数の推移-全国(昭和58年〜平成25年)」(末尾資料)
※2:無料会員向け情報サイト「アイリス暮らし便利ナビ」調べ
高圧洗浄機&スチームクリーナーに関するアンケート (n=2,367) 期間:2013/02/26〜03/03 (末尾資料)

タンク式高圧洗浄機静音タイプ SBT-513

■商品特長
タンク式高圧洗浄機とは

水を入れたバケツを本体にセットし、電源をコンセントにつなぐだけで、高圧の水を噴射することができます。水道のない場所でも電源さえあれば使用でき、蛇口につなぐ手間がありません。

1.付属パーツを全てタンク内に収納可能

ガンやホースなどの付属パーツをタンク内に収納することができます。収納場所に困る付属パーツをまとめて収納できるので紛失しにくく、使用時も素早く取り出せます。また、フタ付きなので中にホコリなどの汚れが入ることを防ぎます。

付属パーツを全てタンク内に収納可能
製品下部の本体部分とパーツを取り外し、全てタンク内に収めることができます。

2.フタ付きのタンクで水がこぼれにくい

タンク式高圧洗浄機の一番の特長は、タンクに水を入れれば水道が無い場所でも使用できることですが、水を入れたまま持ち運ぶ際にこぼれてしまうという不満がありました。タンクにフタを付けることで、水はねを気にせず移動させることができます。

フタ付きのタンクで水がこぼれにくい
3.その他特長

・静音タイプ※なので、共同住宅で使用しても気になりにくい仕様です。
・付属のコネクターを使用することで、本体と水道を直結して、連続運転をすることができます。(別途、水道ホースの購入が必要です。)
・便利な付属パーツがセットになっています。

水道ホースホルダー

水道ホースホルダー

お手持ちの水道ホースやホースリールを支え、タンクに水を注入する際に便利です。

高圧ホースガイド

高圧ホースガイド

硬い高圧ホースの巻き取り、収納を簡単に行うことができます。

ランスホルダー

ランスホルダー

清掃作業の合間に、使わないパーツを掛けておくことができます。

※当社従来品「タンク式高圧洗浄機SBT-412」とのSONE値で比較して、音の大きさを約40%低減。
(SONE値とは雑音レベルを表すdBに対して、実際に聞こえる大きさを表した単位です。)

高圧洗浄機 FBN-301

1.A4サイズよりも小さいコンパクト設計

当社従来品※1より約20%小型化したポンプを搭載することで、本体を最小限のサイズにすることができました。高さ15cm、幅28.5cmのA4サイズよりも小さいコンパクト設計で、僅かなスペースにも収納することができます。女性でも簡単に使用できる製品重量3kg※2の軽量タイプです。

A4サイズよりも小さいコンパクト設計
2.コンパクト設計により使用シーンが広がる

一般的なホースを蛇口に繋いた場合の約18倍の水圧※3で、家庭内の強力な汚れを落とします。車やベランダはもちろん、浴室の排水溝や浴槽カバーの裏側など、従来の高圧洗浄機では難しかった細かい場所にも使用できます。

※1:「高圧洗浄機FBN-401」常用吐出圧力6.0Mpa、消費電力1,000W
当社既存品最小サイズの高圧洗浄機
※2:製品本体重量(パーツ除く)
※3:水道からの水圧を0.3Mpaとした場合

コンパクト設計により使用シーンが広がる
手で触りたくない場所の汚れも
水圧の力で一気に落とします。

■参考資料

◇総務省 平成25年住宅・土地統計調査 建て方別住宅件数の推移-全国(昭和58年〜平成25年)

参考資料

◇高圧洗浄機&スチームクリーナーに関するアンケート (n=2,367) 期間:2013/02/26〜03/03

高圧洗浄機の不満点は?(回答者:使用したことがある人444名)
  回答内容 回答数 構成比
1 音がうるさい 251 57%
2 本体が重い、取り回しがしにくい 175 39%
3 収納しにくい 145 33%
4 設置、準備に時間がかかる 140 32%
5 価格が高い 119 27%
6 思ったほど汚れが落ちない 107 24%
7 広範囲の掃除に時間がかかる 82 18%
8 別売りパーツの価格が高い 71 16%
9 連続で使用できる時間が短い 60 14%
10 特に不満点はない 34 8%
11 その他 24 5%
12 洗浄圧力が強すぎる 14 3%
13 デザイン 13 3%
14 使い方がわからない 4 1%
合計 1239  
高圧洗浄機を購入しない理由は?(回答者:持っていない人1923人)
  回答内容 回答数 構成比
1 価格が高い 1381 72%
2 収納しづらそう 679 35%
3 音がうるさい 473 25%
4 設置が大変そう 465 24%
5 ホースをつなぐのが面倒 383 20%
6 使い方がわからない 336 17%
7 思ったほど汚れが落ちなそう 306 16%
8 広範囲の掃除に時間がかかる 191 10%
9 その他 104 5%
10 高圧洗浄機が不要 64 3%
11 必要ない 50 3%
12 デザイン 19 1%
合計 4451  

■製品仕様

商品名 高圧洗浄機 タンク式高圧洗浄機静音タイプ
規格 FBN-301 SBT-513
商品画像 高圧洗浄機 FBN-301 タンク式高圧洗浄機静音タイプ SBT-513
常用吐出圧力 5.3MPa 6.5MPa
常用吐出水量 230L/h 220L/h
最大許容圧力 7.5MPa 8.5MPa
最大吐出水量 280L/h 280L/h
電源 AC100V(50Hz/60Hz) AC100V(50Hz/60Hz)
消費電力 1,000W 1,000W
電源コード 2.5m 3m
外形寸法(mm)
幅×奥行き×高さ
295×155×170 470×330×810
タンク容量 - 約30L
製品重量 約3.0kg
(各パーツを含む:約5.0kg)
約8.5kg
(各パーツを含む:約10.5kg)
参考価格(税抜) 12,800円 29,000円
発売日 2014年10月10日 2014年10月31日

(更新日:2014/10/09)

ニュース&パブリシティ