不快な室温、換気にお困りの方へ

サーキュレーターで部屋中が快適空間に生まれ変わる

サーキュレーターで
部屋中
快適空間
生まれ変わる

POINT サーキュレーターで
部屋中快適な室温に!

サーキュレーターで部屋中快適な室温に!

サーキュレーターは、部屋中の空気を効果的に循環させることで、1年中、快適な室温空気の新鮮さを保つことができます。

サイズもコンパクトで移動や片付けもラク。
アイリスオーヤマならデザイン性も高く、どんなお部屋のテイストにも合わせられます。

さらに

エアコンを併用すると
冷暖房効果UP!節電効果

冷気を部屋全体へ

エアコンを背に設置、水平方向に向けると床下に溜まりやすい冷気が部屋全体に循環し、冷房効率がアップします。

※1.当社試験基準による。約25㎥の試験空間にてエアコンを冷房運転。運転約6時間のエアコンとサーキュレーターの積算消費電力量を、 「エアコン単独」運転時と、「エアコン+サーキュレーター併用」運転時とで比較。

暖かい空気を足下へ

暖房の場合はエアコンと反対側に設置、天井方向に向けると、上に溜まりやすい暖かい空気が循環し、暖房効率がアップします。

※2.当社試験基準による。当社環境試験室(6畳)にて、外気温3℃条件下で実施。足元温度が24℃になるようにエアコンを暖房運転。運転約2.5時間の、エアコンとサーキュレーターの積算消費電力量を、「エアコン単独」運転時(2.1kWh)と、「エアコン+ サーキュレーター併用」運転時(1.6kWh)とで比較。

寒い冬こそ
サーキュレーターで快適に

※1.●試験期間:当社調べ。●試験方法:約25㎥の試験空間にてエアコンを暖房運転。 サーキュレーターの有り/無しでエアコン暖房運転1時間後の試験室温度分布を測定。※使用環境により効果は異なります。

※2.●試験期間:当社調べ。●試験方法:約25㎥の試験空間にてエアコンを暖房運転。サーキュレーターの有り/無しでエアコン暖房運転50分後の被験者の体表面温度を サーモグラフィカメラにより撮影。

※ 使用環境により効果は異なります

※ 写真・イラストはイメージです。

Choice あなたにおすすめの
サーキュレーターが見つかる

USEFUL INFO お役立ち情報


おしゃれなサーキュレーターでお部屋を快適に!扇風機との違いや選び方を解説

おしゃれなサーキュレーターでお部屋を快適に!扇風機との違いや選び方を解説

部屋の空気を効率的に循環させたいなら、サーキュレーターを導入するのがおすすめです。暖房や冷房の効率が上がる他、部屋干しや換気にも活用できます。最近は、デザイン性の高いおしゃれなサーキュレーターやカラーバリエーションもさまざま。サーキュレーターと扇風機の違いや効率的な使い方を紹介していきます。