ヒートパイプ技術を応用し、
熱伝導速度に優れ
瞬間的に釜全体を均一に加熱

外釜と内釜の2重構造で内部を真空状態にした釜に作動液を閉じ込めることにより、
加熱の際に作動液が蒸気に変化して一瞬で釜全体に広がります。
これにより瞬時に釜全体を均一に加熱し、お米をおどらせずに傷つけることなく優しく炊き上げます。

熱伝導

ヒートパイプ釜と従来の釜の熱伝導比較

※釜をIHコンロで加熱し始めてから1分間後の温度比較

サーモグラフ比較

釜の熱伝導比較をお湯の沸騰で検証

【瞬熱真空釜】

釜全体が均一に発熱するため、
細かい気泡が全体的に発生する

【従来の釜】

釜の下部が高温、上部が低温になるため、
下部から大きい気泡が発生する

ヒートパイプ

熱の移動効率を上げる技術・仕組みの一つ。単に効率を上げるだけでなく、
一方の温度が高い場合にのみ移動効率を発揮する熱ダイオードとしての使用法もある。
なおメカニズム的には、熱伝導を上げているわけではなく、作動液の移動を用いて熱を移動させる仕組みである。
NASA人工衛星やスマホ等に採用されているこのヒートパイプ技術を応用し、2重構造の真空釜を開発。

ヒートパイプの原理

NASAの人工衛星中の放熱に利用

人工衛星

ヒートパイプは NASA により人工衛星中の放熱に利用されたのが実用化の始まりで、非常に高い電熱効率を誇ります。

スマートフォンのヒートパイプ冷却

スマートフォン

端末内部の局所的な発熱を分散することが可能になり、CPU等の高速な動作を持続させることが可能。

瞬熱真空釜、通常釜、
かまどの熱伝導検証。


通常釜は底面から徐々に温まるのに対し、かまどは外側から全体を熱してゆきます。
瞬熱真空釜はかまど炊飯同様に外側から全体を加熱することを実現しました。