検 索
MENU

油圧式射出成型機から電動式への改修率/LED照明への改修率

2015年の国連サミットで採択されたSDGsや2016年に発効したパリ協定により、各国では地球温暖化に対する意識が高まっています。この世界的な枠組みの中、日本を含む主要排出国が排出削減に取り組み国際社会を主導して地球温暖化対策と経済成長の両立を目指しています。
地球温暖化に対応する上で課題となる電力源について、国内でも見直しの動きが高まっています。この環境下で、国内外に多くの製造・物流拠点を持つ私たちも本格的に省エネ対策を図り大幅な電力削減を実現させることで脱炭素社会に貢献していきます。

日本サッカー協会と締結した「JFA Youth & Development Programme (JYD)」パートナーシップ契約に基づく活動支援
出典:【日本以外】2015年値データ、IEA Energy Balance of OECD Countries (2017 edition)、【日本】総合エネルギー統計2016年度確報値
※再エネ=水力を除く。

※経済産業省 資源エネルギー庁「日本のエネルギー」(2017)より引用

製造・物流の省エネ化

電動式射出成型機
電動式射出成型機
倉庫内のLED照明
倉庫内のLED照明

国内のアイリスオーヤマ9工場と倉庫において、電力削減に取り組んでいます。 稼働時に多くの電力を使用する大型・中型のプラスチック射出成型機は、油圧式から電動式への入れ替えを本格化しており、最大拠点の角田工場で改修率100%、 その他各工場平均では約72%が改修を完了しています。今後も切り替えを進め改修率100%を目指します。 また、工場・倉庫内の照明はLED化を図り、各工場平均でLED化率約94%を達成しています。今後も切り替えを進めLED化率100%を目指します。

射出成型機改修 平均 改修率
「四国アイランドリーグplus」との戦略的パートナーシップ契約による地域活性化とセカンドキャリア支援
LED切り替え 平均 LED化率
日本サッカー協会と締結した「JFA Youth & Development Programme (JYD)」パートナーシップ契約に基づく活動支援