検 索
MENU

サステナビリティへの考え方

アイリスグループは、“快適生活”をコンセプトに置き、くらしに寄り添い新たな価値を創出し続けてきました。今後も省エネ製品の開発を中心に社会問題解決を目指した取組みを継続し、ユーザーのみならず地球上の誰もが安心して暮らせる社会の実現に貢献します。

“ユーザーイン発想”の先に見据える社会貢献

当社の創業者で現会長・大山健太郎から受け継がれる理念“ユーザーイン発想”は、私たち自身が生活者目線に立ち不満を解決するものづくりへの考え方です。その対象は製品開発だけを指すのではなく、目線の先には環境問題・社会問題の解決を見据え、生活者が安心して暮らせる社会への道筋を指します。この発想を念頭に置いて企業活動を続けることが、将来的に地球と社会全体への貢献となると考えています。

変化に順応する社会貢献

働き方の変化や生活スタイルが多様化する中で、家電や生活用品に求められる機能や価値は確実に変化しています。私たちは、これまで以上にステークホルダーと価値観を共有する必要があり、課題解決を念頭においた企業活動が求められています。また、地球・社会全体を見ても「環境問題」「災害問題」「人権問題」など多くの問題を抱えています。将来さらに甚大な影響を与える可能性が大きく、企業が果たす社会的責任は一層重要性を増しています。
 このような環境下でも、開発・製造から販売・物流までをワンストップで手掛ける私たちは、グループ企業やステークホルダーの力を集約させ、課題に対して様々な角度から直接働きかけることができると考えています。また、私たちは創業以来“変化”と共に歩み、時代に合わせて絶えずチャレンジを続けてきました。今後も変化する社会と企業課題に順応しながら課題解決に向けて取組み貢献してまいります。

小さな町工場から始まった私たちの物語は、常に力強く支えてくださるユーザーと共にあります。現在、その町工場は国内のみならず海外へも展開するグローバル企業へ成長し、多くの従業員そしてステークホルダー(利害関係)に支えられていますが、どの時代も変わらずに引き継がれてきたのは“ユーザーイン”です。
今後も、全従業員がこの理念を心に置き、生活者が安心して快適に暮らせる生活を提案する企業を目指して歩んでいきます。

SDGsの目標達成に向けたアイリスグループの考え方

SDGs(Sustainable Development Goals)

SDGs(Sustainable Development Goals)とは?

SDGsは、先進国・途上国すべての国を対象に、経済・社会・環境の3つの側面のバランスが取れた社会を目指す世界共通の目標として、2015年9月に国連で採択されました。貧困や飢餓、水や保健、教育、医療、言論の自由やジェンダーなど、人々が人間らしく暮らしていくための社会的基盤を 2030 年までに達成するという目標になっていて、17 のゴール(目標)とそれぞれの下により具体的な 169 項目のターゲット(達成基準)があります。

※環境省・持続可能な開発目標(SDGs)活用ガイド(本編)より引用

当社はSDGsが定める17の目標について、当社の社会貢献活動として推進できる活動を検討するため、当社とステークホルダーにとって重要度の高い課題を精査してきました。その結果、当社にとって関係性の深い「地球」「地域」「製品」「人」について、SDGs17項目から重要度の高い目標として以下(表)を掲げました。
 創業時から“ユーザーイン発想”によりお客様の快適な暮らしをサポートしてきた当社として、持続可能な社会の実現は大きな挑戦でありチャンスであると考えています。ユーザーが暮らす地球と社会が抱える課題の解決に向け、アイリスオーヤマらしい社会貢献活動を地道に進めることで、SDGsの目標達成に大きく貢献していきます。

SDGs コミットメント

環境に対して

すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する
気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる

当社は、企画から製造・販売を手掛ける責任として自社施設と設備及びサプライチェーンにおいて、環境課題を抽出して会社全体で対策を推奨・実践し、この取り組みを通じて共に成長しながら豊かな地球環境の実現に貢献します。

製品に対して

強靱(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る
持続可能な生産消費形態を確保する

当社は、品質マネジメントシステムを確立し、品質方針に基づいて「お客様の満足度向上」を常に考え、安心・安全な高品質サービスを提供していきます

地域に対して

すべての人々への、包摂的かつ公正な質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する

当社は、地域に親しまれる企業を目指して、事業活動を通じて地域社会の発展に努めてまいります。地域ごとの課題を抽出し、課題を解決する事への取り組みを通じて持続可能な地域社会の実現に貢献します。

人に対して

あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する
ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行う
包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する

当社は、会社の成長には人材の活躍が不可欠と考え、丁寧な人材育成、適切な評価を行うことにより、社員一人ひとりが生き生きと安心して働け、活躍の機会を提供することでそれぞれの強みを発揮できる組織づくりをめざします。