IRIS OHYAMA アイリスオーヤマ

検 索
MENU
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. ニュース
  4. 2011年
  5. LED電球出荷数が前年の5倍で国内シェア25%。中国工場の生産能力を3倍に引き上げ

LED電球出荷数が前年の5倍で国内シェア25%。中国工場の生産能力を3倍に引き上げ

当社の家庭用LED電球の出荷はこの夏の節電需要により昨年同月比で5倍に伸びており、6月の国内メーカー別出荷数でシェア24.7%※(推計1位)となりました。LED照明の需要増は今後も引き続き見込まれることから、中国大連の自社工場のLED照明の生産設備を9月までに順次倍増いたします。

7月から始まった電力使用制限をうけ、一般家庭でも節電の意識が非常に高まっています。東京電力管内・東北電力管内だけでなく全国で電力の使用制限が求められており、量販店店頭では、節電関連商材の販売が好調です。
    当社では、6月の家庭向けLED電球の出荷数量が前年同月比5倍の46万球と大幅に伸びており、国内シェア24.7%の業界トップシェアとなりました。
    需要の急増に対し業界全体で供給が追いついていない今、今後も続く需要増に対応するため、当社では中国大連の自社工場内にあるLED照明の生産ラインの2回目の増設を実施します。すでに6月までに増強を完了させていましたが、8月末までにさらに生産設備を倍増させ、月産100万球の生産を確保します。
    このほか、蛍光灯に代わる直管形LEDランプの生産能力を9月までに月間100万本(現在30万本)に引き上げるなど、オフィスや店舗、工場などで使用されるLED照明を含め年間600億円分の生産ができる体制を整えます。

※ 一般家庭用LED電球における小売店向け出荷シェア

■主要LED照明製品の生産能力

@ LED電球(60W相当)…月産100万球(現在月産30万球)
A 直管タイプ(40W相当)…月産100万本(現在月産30万本)

(更新日:2011/07/28)