IRIS OHYAMA アイリスオーヤマ

検 索
MENU

「新型コロナウイルス感染症」に対する取り組みについて

アイリスオーヤマは、新型コロナウイルス感染症拡大の終息にむけて取り組んでいます。

■マスクの取り組み

当社は、政府からの要請を受けて、中国の大連工場と蘇州工場の2拠点の生産に加えて、日本国内の生産設備導入を決定し、1億5千万枚/月の生産体制を新たに構築します。

また、不織布の資材製造設備も新たに導入することで、中国一国に依存する供給体制を見直します。今回の国内マスク生産設備増強により、中国2拠点の工場と合わせて日本国内に2億3千万枚/月を供給できる体制が実現し、日本国内におけるマスクの安定的な供給に貢献します。

詳細はこちら

■「新型コロナウイルス感染症」に対する支援内容(2020年5月17日現在)

物資 数量 提供先
1月30日 マスク 100,000枚 日本政府 (武漢天河国際空港にて中国側へ引き渡し) 詳細はこちら
除菌洗浄水 1,000個
除菌ウェットティッシュ 1,000個
2月3日 マスク 100,000枚 行政機関、医療関係団体、公共交通機関、 物流協力会社
除菌洗浄水 1,000個
除菌ウェットティッシュ 1,000個
3月4日 マスク 1,200,000枚 日本政府(北海道住民へ配布) 詳細はこちら
3月11日 マスク 400,000枚 日本政府「マスクチーム」 詳細はこちら
3月19日 マスク 100,000枚 日本赤十字社 詳細はこちら
3月27日 マスク 500,000枚 東京都 詳細はこちら
2月〜5月 マスク 2,007,330枚 行政機関、医療関係団体、物流協力会社他

■新型コロナウイルス感染拡大防止のソリューション

AIサーマルカメラ デスクスクリーン
サーマルカメラ・AIカメラ デスクスクリーン
非接触で発熱者を検出することで 施設内感染や集団感染を未然に防ぎます。 感染の未然防止対策としてオフィスでの 対面業務による飛沫の飛散を低減します。
商品詳細はこちら 商品詳細はこちら

当社は、新型コロナウイルス感染拡大の早期の終息に向けて、今後も行政ならびに業界団体と連携を図りながら、必要な支援を行っていきます。