株式会社 物語コーポレーション 様 焼肉きんぐ(東京都)

配膳ロボット「Servi」を相棒に
おせっかいで最高のおもてなしを

飲食店・専門店
  • 回転率を向上させたい
  • 接客サービスをもっと強化したい
焼肉きんぐ様

導入理由は接客時間の確保

「焼肉きんぐ」はテーブルバイキング方式で追加注文が多いため、スタッフ1人当たりの配膳・下げ膳が1時間に約30回発生し、スタッフが接客にかける時間が削られていました。

人とロボットとの適材適所で環境改善

Servi(サービィ)を導入することで、人とロボットとの適材適所を実現し、スタッフの配膳にかかる時間を軽減。
下げ膳や網の交換、おいしい肉の焼き方や食べ方のアドバイスといった接客の時間を確保できるようになりました。

動画で導入事例を詳しく見る

お話を伺った方

物語コーポレーション
焼肉事業部 事業推進グループ
シニアマネージャー 南 洸 氏

施設・会社概要

物語コーポレーションは、「焼肉きんぐ」242店舗、「寿司・しゃぶしゃぶ ゆず庵」68店舗の計310店舗で、配膳・運搬ロボット「Servi」443台を順次導入し、稼働を始めている。

導入後コメント

とにかく操作が簡単で、5分ほどで高校生からベテランまで全スタッフが使いこなせるようになりました。
4時間の充電で12時間働いてくれます。ピーク時でも安全性が高く、安定した働きで店舗の基本価値になります。
愛称を付けている店舗もあるほどで、頼りになる仲間です。お客さまにも物珍しさから喜んでいただけています。

課題

  • スタッフ1人当たりの配膳・下げ膳の
    労力が大きく、接客の時間が削られていた
  • ピークタイムのスタッフの負担が
    大きかった

効果

  • 適材適所によりスタッフの負担が軽減され、 Servi導入で浮いた時間を 接客の時間に当てられるように
  • 労働時間を1日あたり9時間以上削減

導入理由は、
スタッフの接客時間の確保

「焼肉きんぐ」は、郊外ロードサイド型店舗で、テーブルバイキング方式が特徴です。
追加注文が多く、お客さま1人当たり平均十数皿(ドリンクを含む)もの配膳がありました。
そのため、スタッフ1人当たりの配膳・下げ膳も1時間に約30回とその労力は大きく、接客時間が削られてしまいます。

これは「おせっかい文化」の醸成・昇華を目的とする「焼肉きんぐ」にとって大きな課題でした。

人とロボットの適材適所で
「おせっかい文化」の実現

「焼肉きんぐ」が掲げる「おせっかい文化」とは、人のために良いと思ったことを即行動に移すこと。創業時のおでん割烹から続く、DNAともいえる文化です。
「焼肉きんぐ」は食べ放題でありながら、おいしい肉の焼き方のアドバイスを行ったり、店への要望や不満を「おせっかい係」が収集したりすることで、店舗の改善に努めています。
このおせっかい係を「焼肉きんぐ」では「焼肉ポリス」として具現化。
任命されたスタッフが本来の役割である接客に注力し、イキイキとおせっかいを焼く姿で、お客様の笑顔を増やし、店舗の活気、焼肉のおいしさも倍増させることが狙いです。

そこで、接客時間の確保という課題解決のために、同社は実証試験を実施。結果として労働時間9時間以上削減/日という効果を得ることができ、Servi導入を即決しました。
ロボットが得意なことはロボットに任せ、スタッフの負荷を軽減。人とロボットとの適材適所で、人にしかできない「おせっかい」を焼く(おもてなしを実践する)ことができる環境改善を行いました。

ピークタイムでも疲れ知らずの
安定した働き

導入後はピークタイムの頼りになる相棒役としてServiが活躍しています。
ピークタイムでも疲れ知らずの安定した働きで、「焼肉ポリス」を支えており、コロナ対応の非接触という
無機的な言葉も、人とServiが適材適所で共生した店舗は「新しい生活様式」の中でぬくもりを感じさせます。

導入コンサルティングのご相談受付中!
あなたのニーズに合ったServi アイリスエディションの
活用方法をご提案いたします。

022-253-7095

〈受付時間〉平日9:00~17:00(夏季休業、年末年始期間を除く)