非常用照明器具

JIL評定品を豊富にラインアップ

LED非常用照明器具
お問い合わせ
  • 概要
  • ラインアップ

非常用照明器具の設置基準

中小規模施設の場合
電池内蔵型はリモコンで自己点検が可能なため、かんたんにメンテナンスができ、中小規模の施設におすすめです。
大規模施設の場合
電源別置型は、電池交換の手間が軽減されるため、一括でのメンテナンスが可能で多くの器具を設置する大規模の施設におすすめです。
対象建築物 対象建築物のうち設置義務のある部分 対象建築物のうち設置義務免除の建築物または部分
1. 特殊建築物
  • (一)劇場、映画館、演芸場、観覧場、公会堂、集会場
  • (二) 病院、診療所(患者の収容施設があるものに
    限る)、ホテル、旅館、下宿、共同住宅、寄宿舎、児童福祉
    施設等
  • (三)学校等(*1)、博物館、美術館、図書館
  • (四) 百貨店、マーケット、展示場、キャバレー、
    カフェー、ナイトクラブ、バー、ダンスホール、遊技場、
    公衆浴場、待合、料理店、飲食店、物品販売業を営む店舗
    (床面積10㎡以内のものを除く)
  • ① 居室(*2)
  • ② 令第116条の2第1項第一号に該当する窓その他の開口部を
    有しない居室(*3)(無窓の居室)
  • ③ ①および②の居室から、地上へ通ずる避難路となる
    廊下、階段その他の通路
  • ④ ①②または③に類する部分、例えば、廊下に接する
    ロビー、通り抜け避難に用いられる場所、その他通常、
    照明設備が必要とされる部分
    • ① イ. 病院の病室
    • ロ. 下宿の宿泊室
    • ハ. 寄宿舎の寝室
    • ニ. これらの類似室(*4)
  • ② 共同住宅、長屋の住戸
  • ③ 学校等
  • ④ 採光上有効に直接外気に開放された廊下や屋外階段等
  • ⑤ 平12建告示第1411号による居室等(*5)
  • ⑥ その他(*6)
2〔. 階数≧3 〕で、〔延べ面積≧500㎡ 〕の建築物 〔 同上 〕 上記の①②③④⑤⑥1戸建住宅
3〔. 延べ面積 > 1,000㎡ 〕の建築物 〔 同上 〕 〔 同上 〕
4. 無窓の居室を有する建築物
  • ① 無窓の居室
  • ② ①の居室から、地上へ通ずる避難路となる廊下、階段
    その他の通路
  • ③ ①または②に類する部分、例えば、廊下に接する
    ロビー、通り抜け避難に用いられる場所、その他通常、
    照明設備が必要とされる部分
上記の①②③④

電池内蔵形

1リモコン操作でかんたんにバッテリーのメンテナンスができます

従来まずらわしかったバッテリー容量の定期点検の負担を大幅に軽減。リモコンのボタンを押すだけで「自己点検」が行えます。

従来の自己点検

点検の際は脚立などに登って、作業が必要です。

リモコン自己点検機能タイプ

脚立がなくともリモコン操作でかんたんに点検が可能です。

リモコン検知範囲

2耐震クラスS2をクリア

「照明器具の耐震設計・施工ガイドライン」における耐震クラス
S2*1をクリアした設計により、安心してご使用いただけます。

  • *1 (一社) 日本照明工業会「技術資料A127 照明器具の耐震設計・施工ガイドライン 2014年(平成26年)12月5日改正」による。一般照明器具において。
  • *2 「災害応急対策活動に必要な施設」「避難場所として位置づけられた施設」「人命及び 物品の安全性確保が特に必要な施設」をいう。
  • *3 脱落によって重大な危害を生ずるおそれがあるものとして国土交通大臣が定める天 井をいう。
  • *4 常時点灯ができること。
一般の施設 特定の施設※2
右記以外 特定天井※3に設置
一般照明器具
(重要照明器具以外)
耐震クラスB
設計水平震度:1.0
設計鉛直震度:0.5
落下回避
耐震クラスA
設計水平震度:1.5
設計鉛直震度:0.75
限定された機能維持
耐震クラスS2
設計水平震度:2.2
設計鉛直震度:1.1
限定された機能維持*4

日本照明工業会耐震ガイドラインより抜粋

電源別置形

1設置台数が多い大規模施設に最適

点灯に必要な電源は、別置きの蓄電池設備等から供給されます。非常灯の定期検査の際に器具1台ごとに蓄 電池異常の点検モニタを確認する必要がなく、蓄電池設備から一括で照度の検査が可能になります。
また、 バッテリー交換の際も同様に蓄電池設備を一括で交換ができるため、メンテナンスの効率化が図れます。

配線図

<配線・使用上のご注意>

  • ●蓄電池設備から非常灯器具間の配線は、耐火または耐熱電線としてください。
  • ●直流回路には極性がありますので、器具の表示通りに結線してください。
    逆接続をすると故障の原因となります。
交換用電池
非常用照明器具は6ヵ月に一度の点検をしてください
ご注意ご注意

●防災用照明器具に内蔵している電池は、蓄電池ですので寿命に限りがあります(平均4~6年)。

    6ヵ月に一度、外観点検と機能点検(非常点灯持続時間と切替動作)を行ってください。 建築基準法では、30分または60分以上(消防法は20分または60分以上)非常点灯しなければならないよう規定されていますので、もし非常点灯時間が30分または60分(消防法は20分または60分)以下になった場合には、電池をすみやかに交換してください。

●過度(1〜2ヵ月に一度程度)に機能点検(非常点灯)を繰り返すと蓄電池が劣化する場合があります。

●電池の特性上、使用周囲温度により影響を受けますので、常温(5℃~35℃)でご使用ください。

●蓄電池回路にヒューズが入っていますので、接続時の短絡事故などでヒューズが溶断した場合は、必ず規定容量のヒューズと交換してください。

●ご使用の前に48時間以上充電してからご使用ください。

ラインアップ

電源内蔵型

  • LED専用型

    LED専用型

    リモコン自己点検機能付き(個別制御方式自動点検機能) で、従来わずらわしかったバッテリー容量の定期点検の負担を大幅に軽減。リモコンのボタンを押すだけで「自己点検」が行えます。
    「照明器具の耐震設計・施工ガイドライン」における耐震クラスS2※1をクリアした設計により、安心してご使用いただけます。 ※1 (一社) 日本照明工業会「技術資料A127 照明器具の耐震設計・施工ガイドライン 2014年(平成26年)12月5日改正」による。一般照明器具において。

    詳細はこちら
  • 防雨・防湿型形

    防雨・防湿型形

    雨の吹き込みやすい軒下や廊下、蒸気のこもりやすい厨房や食品工場などに使用可能です。枠とパッキンで水の浸入を防止します。 ※ 断熱施工では使用できません(埋込形のみ)
    ※ 調光ができません。
    ※ 傾斜天井取付不可
    ※ 業務用浴室やサウナなどの高温になる場所および腐食性ガスや油煙の発生する場所、軒下以外の屋外でのご使用はできません。

    詳細はこちら
  • LXラインルクス 非常用照明シリーズ

    LXラインルクス

    平常時には一般照明として使用できる非常用照明器具です。
    リモコン自己点検機能付き(個別制御方式自動点検機能)で、従来わずらわしかったバッテリー容量の定期点検の負担を大幅に軽減。リモコンのボタンを押すだけで「自己点検」が行えます。
    LXラインルクスシリーズ一般タイプと同断面幅※2で、すっきり連結可能。高効率で大幅省エネを実現します。
    ※2 直付型40形・20形、埋込型タイプのみ

    詳細はこちら
  • 直管LEDランプ搭載型

    直管LEDランプ搭載型

    非常用の直管LEDランプが平常時・非常時ともに点灯。1灯用は非常時もそのまま点灯、2灯用は非常時に1灯のみ点灯します。従来蛍光灯器具と比べ消費電力を34%※3削減し、大幅省エネします。
    ※3 蛍光灯器具FHF32形高出力×1灯用とLED非常用照明器具LDL40タイプ3,700lmとの比較。

    詳細はこちら
  • 階段灯

    階段灯

    用途に合わせた3種の階段灯をラインアップ。
    (1)人がいない時は必要最小限の明るさに抑えて節電する人感センサー付 段調光タイプ。
    (2)人がいない時は消灯して節電する人感センサー付 ON/OFFタイプ。
    (3)壁スイッチを4回ON/OFFすることで 100%から70%の出力切替可能な人感センサなしタイプ。

    電子カタログはこちら
  • 階段通路誘導灯兼用型

    階段通路誘導灯兼用形

    天井面・壁面取付どちらにも取付可能で、軒下用に使用できる防雨形です。 ※ 防雨形のため、浴室・サウナなど高温多湿の場所ではご使用できません

    電子カタログはこちら

電源別置型

  • LED専用型(電源別置)

    LED専用型(電源別置)

    設置台数が多い大規模施設に最適です。
    点灯に必要な電源は、別置きの蓄電池設備等から供給されます。非常灯の定期検査の際に器具1台ごとに蓄電池異常の点検モニタを確認する必要がなく、蓄電池設備から一括で照度の検査が可能になります。また、バッテリー交換の際も同様に蓄電池設備を一括で交換ができるため、メンテナンスの効率化が図れます。

    詳細はこちら

交換用電池

  • 交換用電池

    交換用電池

    防災用照明器具に内蔵している電池は、蓄電池ですので寿命に限りがあります(平均4~6年)。 6カ月に一度、外観点検と機能点検(非常点灯持続時間と切替動作)を行ってください。 建築基準法では、30分または60分以上(消防法は20分または 60分以上)非常点灯しなければならないよう規定されていますので、もし非常点灯時間が30分または60分(消防法は20分または60分)以下になった場合には、電池をすみやかに交換してください。

    詳細はこちら

PAGE TOP

お問い合わせ

新規購入・導入をご検討のお客様へ
022-253-7095
製品の設置・施工・アフターサービスについてお問い合わせ
0800-111-5300(通話料無料)
アイリスオーヤマ株式会社 ライティングソリューション事業
〒105-0013 東京都港区浜松町2-3-1 日本生命クレアタワー19階
  • Instagram
  • Youtube