1. 無線調光LED照明LiCONEX (ライコネックス)

無線調光LED照明LiCONEX (ライコネックス)無線調光LED照明LiCONEX (ライコネックス)

導入事例

最適な照明にコントロールして“快適・省エネ”な空間に

照明1台ずつコントロールして“省エネ”個別・グループ制御

照明を一台ごと、またはエリアごとに自在に調光し、ムダな点灯を減らして省エネできます。設置後に明るすぎると感じた場合は、適度に調光して省エネすることもできます。

  • 9:00 社員が揃う朝は明るく
  • 18:00 帰宅者・外出者が多い時間帯は不在エリアを消灯
詳しい使い方はこちら
  • 時間帯に最適な照明で“快適・省エネ”自動スケジュール制御

    スケジュール設定を使って、時間・曜日ごとに細やかな調光が可能です。常に最適な明るさに設定することで快適性を保つとともに消費電力を削減します。

  • [店舗のスケジュール例]
詳しい使い方はこちら

場面にあわせた照明に切り替えて“快適”シーン設定

照明を頻繁に切り替える場所では、それぞれのシーンに最適な照明設定を登録できます。それぞれの場面にあわせた照明環境をワンタッチで呼び出せるので、常に快適な空間利用ができます。

  • シーン ミーティング
  • シーン プレゼンテーション
詳しい使い方はこちら
  • 人の動きや外光を利用して“省エネ”明るさ・人感センサーと連動

    明るさセンサーや人感センサーをライコネックスと連携できます。外光の明るさや人の動きを利用し、日中の窓際や不在時の無駄な点灯を削減できます。

    人感センサータイプ・マルチセンサー
    *1 明るさセンサー/人感センサーの切り替えは施工後でもシステム上で変更できます。
  • 人がいる時だけ点灯。不在時は自動減光。
    ※明るさの設定は一例です。
使った電力量が確認できますオプション

点灯した照明器具の電力消費量を[年間][月間][週間][日別]で確認できます。各グループやシステム全体の消費量をグラフで比較し、照明の使用状況の見直しができます。統計データはCSV形式で書き出し保存もできます。

使った電力量が確認できます
※統計データは概算の値です。実際の電力消費量と異なる場合がございます。

光色を自在にコントロール

調色機能オプション

色温度を制御できる調色機能にも対応*1。 シーンや時間帯にあわせた調色でさらに心地よい空間に。

シーンや時間帯にあわせた調色
※画像はイメージです。*1 調色機能対応のLED照明器具が必要です。

時間帯にあわせて調色

時間帯に適した光色に調節することで、心地よく過ごせる環境を整えます。業務の生産性向上や空間演出の効果を高めます。

[オフィスでの活用例]
[オフィスでの活用例]
  • 始業直後
    始業直後は青白い光で明るく照らし働く人の体を覚醒
  • 日中
    日中はさわやかな明るめの光で業務に集中できる雰囲気に
  • 昼食休憩
    昼食休憩に入ったら明るさを抑えて休憩の促進と省エネ
  • 終業後
    終業後は暖色の光に変更し気分を切り替えて帰宅を促進
[店舗での活用例]
  • 季節にあわせて調色

    時間帯にあわせて調色
  • レイアウトにあわせて調色

    レイアウトにあわせて調色

導入がかんたん

シンプルな無線制御方式で「省施工・短工期」

  • 無線で制御するシンプルな構成です。一般的な有線調光システムのような調光信号線の工事が不要です。工期も通常のLED照明とほぼ変わらず、新築はもちろん、既設の建物にもかんたんに導入できます。

  • ライコネックス システム
  • 有線調光システムとライコネックスシステム比較
  • 有線調光システムとライコネックスシステム比較

設置後のレイアウト変更にも対応

  • 設置後でもタブレットからグループ設定などの変更ができるので、空間にレイアウト変更が生じてもフレキシブルに対応可能です。

  • 有線調光システム
    施工前に調光の回路設計が必要なため、設置後にレイアウト変更が生じた場合、グループ変更ができません。
  • ライコネックスシステム
    グループなどの設定はタブレットから変更できます。レイアウト変更にもフレキシブルに対応できます。
  • メンテナンスも簡単

    個々の情報はアドレスキーに保存されます。照明器具を交換する場合は使用していたアドレスキーを差し替えるだけでお使いいただけます。

  • アドレスキー

高速&安定通信

一斉にコントロールできる「高速通信」

一度に多くの器具を操作する照明の特性に最適化した通信方式を採用。1システム最大2,000台*1を接続しても瞬時に制御でき、ストレスなく操作ができます。

*1ベースモジュール1台の場合。ベースモジュールは6システムまで接続可能です。

電波が途切れにくい「安定通信」

  • メッシュリンクプロトコル

    「メッシュリンク」プロトコルは空いている周波数チャネルを自動で検索する「適応型チャネルホッピング」で耐障害性を強化したオリジナル通信方式です。広く普及している2.4GHz帯域は、多くのデバイスで利用されているため、通信が不安定になるデメリットがありました。「メッシュリンク」は自動リルーティング機能でこの問題を解決し、他にはない安定した高速通信を実現しました。

  • 安定した通信を実現する「チャネルホッピング」
  • 一般的な無線照明制御システム
    親機からそれぞれの照明器具に直接信号を送信するため、壁などの障害物がある場合、電波が届かない場合がありました。
  • アイリスオリジナル「メッシュリンク」プロトコル
    オリジナルの通信プロトコル「メッシュリンク」により、照明器具から照明器具へとバケツリレー方式で信号を伝達します。信号を伝える最適ルートをそれぞれの照明器具が自動で選択するので、安定した通信が可能です。

LiCONEXならコストもお得

トータルコスト(電気代+導入費)は最も安い

[一般的な店舗(400坪)の比較] ※1日あたり14時間、年間稼働日数365日で7年間使用した場合を当社にて想定・試算したシミュレーションです。 LiCONEXならコストもお得
  • 電気代を削減

    照明の明るさを最適化することで、無駄な明るさや照明の点灯を減らし電気代を削減します。

    [試算条件]※1日あたり14時間、年間稼働日数365日点灯した場合。電気代目安単価21.0円/kWh。 ※年間電気代は目安の金額です。使用状況・点灯時間によって異なりますので、ご了承ください。*ライコネックス対応ラインルクスでシーン設定+スケジュール設定(消費電力削減率 合計40%)を使用した場合を当社にて試算したシミュレーションです。
  • 電気代を削減
  • 導入コストを軽減

    信号線工事が不要のため、一般的な有線調光システムよりも施工費を大幅に削減できます。

  • 電気代を削減

 無線調光LED照明LiCONEX (ライコネックス)
(PDFファイルが開きます)

PAGE TOP