お好み焼きKANSAI 伊勢崎宮子店 様(群馬県)

月間約130時間のスタッフ負担を削減!
Serviは居なくては困る貴重なスタッフ

飲食店・専門店
  • 非接触サービスを強化したい
  • 接客サービスをもっと強化したい
お好み焼きKANSAI 伊勢崎宮子店 様

導入理由は非接触サービスに応えるため

配膳ロボットの導入はまだ先と考えていましたが、コロナ禍により非接触サービスが求められたため状況が一変。導入を決められました。

障害物回避機能などスペックの高さが決め手

他の配膳ロボットも検討していましたが、障害物を避ける機能、細い通路でも滑らかに進むなどのスペックの高さからServiしかないと決断されました。

施設・会社概要

お好み焼きKANSAI 伊勢崎宮子店 (群馬県)
1997年のオープン当時は北関東では珍しかった「関西風お好み焼き」、伊勢崎市のソウルフード「もんじゃ焼き」が看板メニュー。 単品はもちろん食べ放題コースも充実しており、ファミリーやカップル、学生など幅広い世代から愛されている。食べ放題1,999円、2,999円コースの注文が約40%。 メニューの豊富さと鉄板焼きを囲み、お客自らが焼くスタイルの非日常空間が人気。

お好み焼きKANSAI 伊勢崎宮子店 様

Serviの導入で人にしかできない目配り・気配りを発揮

 「DXの時代が一気に来た」と語るのは、コラボレーションの山﨑健一社長。同社は、群馬県と埼玉県のロードサイドを中心に「お好み焼きKANSAI」を17店舗展開している。 2020年12月に配膳・運搬ロボット「Servi(サービィ)」導入を検討。デモ実施後、4月から2店舗で本格導入した。
 「コロナ前は、笑顔で元気よい接客が基本。配膳ロボットの導入はまだ先のことだと思っていた。だが、コロナで非接触サービスが求められ、状況が一変。 Serviは居なくては困る貴重なスタッフ」と山﨑社長。特に、「ピーク前、アイドルタイムのシフトが楽になった。 あと、0.5人欲しい、と思った時にServiがいてくれて助かった」そうだ。
 導入効果(通常営業時)は、Serviが最大180回以上の配膳・下膳を担うことで、月間130時間のスタッフの負担を削減。その分、スタッフは人でしかできない目配り、気配りを発揮でき、スタッフの身体的な負荷も減った。

食べ放題コースは1卓当たり30~40品の注文がある。Servi導入で従業員の負担が大幅に軽減。
食べ放題コースは1卓当たり30~40品の注文がある。Servi導入で従業員の負担が大幅に軽減。

障害物を避け、細い通路も滑らかに進む

同店の通路幅は約80㎝とやや狭いが、Serviは最小60㎝(推奨68㎝)の通路幅でも走行可能。3Dセンサー搭載し、人はもちろん靴などの障害物も検知し、回避する。
同店の通路幅は約80㎝とやや狭いが、Serviは最小60㎝(推奨68㎝)の通路幅でも走行可能。3Dセンサー搭載し、人はもちろん靴などの障害物も検知し、回避する。

 当初、安価な海外製を検討していたが、山﨑翔太常務は、「センサーで障害物を避ける機能、細い通路でも滑らかに進むなどのスペックの高さから、Serviしかないと決断した」と語る。すでに他店舗でデモを実施し、8店舗への早期導入を予定している。


※日食外食レストラン新聞 2021年(令和3年)10月号より転載

導入コンサルティングのご相談受付中!
あなたのニーズに合ったServi アイリスエディションの
活用方法をご提案いたします。

022-253-7095

〈受付時間〉平日9:00~17:00(夏季休業、年末年始期間を除く)