和カフェ Tsumugi アトレ竹芝店 様(東京都)

なぜ「和カフェ Tsumugi」は
配膳ロボット「Servi」を 導入したのか?

飲食店・専門店
  • 接客サービスをもっと強化したい
  • 非接触サービスを強化したい
和カフェ Tsumugi アトレ竹芝店 様

動画で導入事例を詳しく見る

配膳・下膳にかかる
スタッフの移動を減らすために

「Servi アイリスエディション」を「和カフェ Tsumugi(ツムギ)」直営3店に導入したプロントコーポレーション インキュベーションカンパニー 企画開発部の石浜俊青マネージャーは、「テスト導入した初日に『これはいける!』と手ごたえを感じた」と笑う。

同店は小鉢が多いお膳や丼ぶりなどをお盆で提供するため、3人前以上を1度に運ぶのが難しく、また、下膳も食器量の多さからキッチンまで3往復する必要があった。

この課題を解決すべく、2021年5月末にアリオ亀有店で「Serviアイリスエディション」を試験導入した。

「Servi アイリスエディション」の導入は簡単だ。最初に店内の自走ルートを3~4時間ほどかけてインプットし、テーブル番号を登録する。

天井マーカーが不要なため、大がかりなマーカー貼りつけ作業は必要ない。また既存のインテリアに影響がないのも大きなメリットだ。

「Servi アイリスエディション」を導入した「和カフェ Tsumugi(ツムギ)」の天井にはマーカーがない。
「Servi アイリスエディション」を導入した「和カフェ Tsumugi(ツムギ)」の天井にはマーカーがない。

お客様が喜んで料理を取ってくれる

テーブルまで自走する
テーブルまで自走する

配膳するときは、トレイに料理を乗せ、テーブル番号と開始ボタンをパネルでタップすると、厨房から目的の卓まで自走して運ぶ。

テーブルに着くと「お待たせしました」と音声が流れる。卓上へ乗せるのはお客様が行うが、喜んで取ってくれるという。

配膳後は自動でキッチンへ戻っていく。下膳の時は下部のバスケットに食器をまとめて入れられ、キッチンまで運ぶので1往復で済む。

Servi導入で接客時間が増加しサービスレベルが向上も

「Servi アイリスエディション」導入後は、スタッフが客席へ目を配る時間が増えた結果、接客時間が増加し、サービスレベルが向上したという。また、コロナ禍により非接触タイプの配膳はお客様にも好評だ。

さらに休憩不要で疲れ知らずのため、配膳・下膳の品質がぶれない。今では「和カフェ Tsumugi(ツムギ)」アリオ亀有店、アトレ竹芝店、FOOD & TIME ISETAN OFUNA店で稼働しており、今後は直営2店舗にも導入予定だという。

料金は3年間のレンタルで月額9万9800円※だ。石浜氏は、「同店で時給換算すると300円ほどになる」と話す。

※税別・機器本体および付属品レンタル、ソフトウェアおよびクラウドサービスの利用、保守費用込

※FoodFun! 2021年8月11日 Web記事より転載

導入コンサルティングのご相談受付中!
あなたのニーズに合ったServi アイリスエディションの
活用方法をご提案いたします。

022-253-7095

〈受付時間〉平日9:00~17:00(夏季休業、年末年始期間を除く)