セラミックヒーターとは?選び方や上手な使い方、電気代の節約方法をチェック!

セラミックヒーターとは?選び方や上手な使い方、電気代の節約方法をチェック!

寒い部屋を暖める暖房器具にはさまざまな種類がありますが、電気で熱を加えて使用できるセラミックヒーターは、安全性の高さと使いやすさが魅力です。一方で、気になるのが電気代ですが、効率の良い使い方をすれば節電も可能です。セラミックヒーターの特徴や選び方と上手な使い方を紹介します。

セラミックヒーターとは?選び方や上手な使い方、電気代の節約方法をチェック!

+1 Day 編集部

理想の暮らしをさがす、つくる。
“ちょっといい”生活のヒントが見つかるライフスタイルマガジン
家電好きなメンバーを中心に、DIY やアウトドア、ペット関連など、衣食住にまつわる理想の暮らしにちょっと近づくアイデアや商品情報が詰まったコンテンツをお届けします!

セラミックヒーターとは

白いセラミックヒーター
セラミックヒーターは安全性が高く、使いやすい暖房器具です。まずは、セラミックヒーターの特徴や種類をチェックしていきましょう。

電気を熱源とする暖房器具

セラミックヒーターの熱源は電気。熱効率が良いセラミックが内蔵されており、電圧をかけて発熱させる仕組みです。熱源が電気なのでスイッチを入れるだけで起動し、燃料なども必要ありません。さまざまなメーカーがセラミックヒーターを販売しており、デザインや大きさのバリエーションが豊富な点も大きな特徴と言えるでしょう。

セラミックヒーターの種類

セラミックヒーターとは別に、セラミックファンヒーターと呼ばれる暖房器具もあります。どちらもセラミックを使用しており、違いはファンの有無です。ファンなしのものは熱が上方にいくのに対し、ファンが内蔵されているものは、ヒーターを通して送風することで暖かい空気を出しています。最近販売されているものは、基本的にファンが内蔵されているものがほとんどです。

セラミックヒーターのメリット・デメリット

小さなセラミックヒーターが置かれた部屋
ガスストーブやホットカーペットなど、どの暖房器具にもメリットとデメリットが存在します。セラミックヒーターも同様です。ここでは、セラミックヒーターのメリットとデメリットを解説します。

セラミックヒーターのメリット

セラミックヒーターは灯油やガスを使用しません。一酸化炭素中毒などのリスクがなく安全性が高いため、小さな子どもがいる家庭でも使いやすいでしょう。定期的な換気も不要です。また、燃料を必要としないので電気が通っていればいつでも使えて暖まるのも早いです。コンパクトなサイズのものが多く、部屋に置いても邪魔になりにくい点もメリットと言えます。リーズナブルなものも多く、購入しやすいのも魅力です。

セラミックヒーターのデメリット

セラミックヒーターは電気の力で発熱するため、使用した分、電気代は増加します。また、温風が届く範囲が限られているため、広い部屋全体を暖めるのには不向きです。温風機能のみのものだと、空気が乾燥しやすい点もデメリットのひとつです。

セラミックヒーターの選び方

さまざまなサイズのセラミックヒーター
用途やライフスタイルに合わせてセラミックヒーターを選ぶと、より使いやすくなります。セラミックヒーターを選ぶ際に考慮したい、4つのポイントを紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

消費電力で選ぶ

セラミックヒーターを選ぶなら、まずは消費電力をチェックしてみましょう。リビングなどの広い部屋の寒さを軽減したい場合は、高出力なほど暖まりやすいため、1000W以上のものを選ぶのがおすすめ。200~500Wのものは、脱衣所やキッチンなどの足元や狭い範囲を暖めるのに適しています。

対応畳数で選ぶ

セラミックヒーターに対応畳数が表記されている場合は、使用する場所の広さに応じたものを選びましょう。リビングなどの広めの部屋で使う際などは「○畳用」など、使用に適している広さが表記されているかチェックしてみてください。基本的に、セラミックヒーターのサイズが大きいほど対応畳数が広くなり、コンパクトなものほど狭くなります。

サイズで選ぶ

「大型」「小型」「薄型」など、セラミックヒーターにはさまざまなサイズがあります。暖房性能の高いセラミックヒーターほど本体サイズが大きくなる傾向です。トイレや脱衣所で使用したり、足元を温めたりするのがメインであれば、小型のものを選ぶのがおすすめです。設置場所に合わせてサイズを決めると良いでしょう。

機能で選ぶ

温風を送るだけではなく、その他の機能が搭載されているセラミックヒーターも豊富に存在します。例えば、空気の乾燥を防げる加湿機能付きのものや、空気清浄機機能の付いたものなど。就寝時に使用したいなら、静音モードが搭載されているものがおすすめです。電気代が気になる場合は、省エネモードが搭載されているものが使いやすいでしょう。
また、トイレや脱衣所など短時間しかいない場所で使うなら、人感センサー搭載のものだと電源オンオフの手間が省けます。

セラミックヒーターの上手な使い方

セラミックヒーターの電源を入れる女性
適切な使い方をすると、セラミックヒーターの効果がより高まります。セラミックヒーターの上手な使い方を紹介します。

スポット使いをする

セラミックヒーターは広い部屋を暖めるよりも、狭い範囲を暖めるのが得意です。そのため、脱衣所やトイレなど、特定の場所を暖める目的で使用するのがおすすめ。キッチンで料理をする時やデスクワーク中に足元を温めるためなどの、スポット使いに適しています。

エアコンと併用する時は窓の近くに置く

エアコンと併用する場合は、窓の近くに置いた方が効率が良くなります。窓付近には冷気が溜まっており、エアコンでその冷気を部屋に循環させてしまうと、部屋が暖まりにくくなってしまいます。セラミックヒーターを窓の近くに置くと窓際の冷気が暖まるため、室温を効率的に上げやすくなるでしょう。

セラミックヒーターの電気代の節約方法

セラミックヒーターの電源プラグを差し込む女性
セラミックヒーターは電気の力を使うため、電気代が気になる方も多いはず。しかし、使い方次第で電気代を抑えることは可能です。ここでは、節電できる使い方をチェックしていきましょう。

他の暖房器具と併用する

エアコンやホットカーペットなど、他の暖房器具と一緒に使うとより効率的に部屋が暖まります。エアコンは部屋が暖まるまで少し時間がかかりますが、セラミックヒーターも一緒に起動すると室温を早く上げられます。また、ホットカーペットとセラミックヒーターの併用は、すばやく体感温度を上げたい時に効果的です。部屋や体が暖まったら、セラミックヒーターの電源をオフすると節約になるでしょう。

暖まってきたら温度やワット数を低めにする

温度設定や消費ワット数の調整ができるセラミックヒーターを使う時は、こまめに切り替えをしてみましょう。最初は最大で使用して、暖まってきたら温度や出力を低くするだけでも節約につながります。

省エネ機能や人感センサー機能搭載のものを選ぶ

消費電力を抑えて稼働する省エネモードや、人が近くにいる時に起動する人感センサー搭載のものも節約に効果的です。暖めすぎや、電源の切り忘れなどを防いでくれるので無駄な電力を消費しにくいです。

アイリスオーヤマのセラミックヒーター

アイリスオーヤマには、手ごろな価格で機能性に優れたセラミックヒーターが揃っています。特におすすめの商品を3点紹介します。

人感センサー付き大風量セラミックファンヒーター/PCH-DM12B

人感センサー付き大風量セラミックファンヒーター/JCH-12TD4
大風量で暖まるのが速いセラミックヒーター。最大出力の1200ワットターボモードなら、寒い部屋もすばやく暖まります。また、人感センサーを搭載しているため消費電力も効率的に抑えられます。転倒時自動停止機能やチャイルドロック機能も付いていて、小さな子どもがいる家庭でも安全に使用しやすいでしょう。

大風量セラミックファンヒータースリム/ACH-S12A

大風量セラミックファンヒータースリム/ACH-S12A
幅わずか約17.5cmとスリムなのに、大風量のセラミックファンヒーター。重さ約2.7kgと軽く、コンパクトサイズなので持ち運びも簡単に行えます。使いたい場所に合わせてターボ、標準、静音の3つのモード出力を選べるのも魅力です。スイッチを押して約3秒で暖めがスタート! 転倒時自動停止やチャイルドロックなど、安全機能も搭載しています。スタイリッシュなデザインなので、インテリアにもなじみやすいです。

人感センサー付き大風量セラミックファンヒータースリム/PCH-SM12B

人感センサー付き大風量セラミックファンヒータースリム/JCH-12TDS1
人感センサー付きの大風量セラミックファンヒーターです。スリムでコンパクトなので、脱衣所やトイレなどの狭いスペースにも置きやすいです。手動で動かせる45度上下ルーバー付きで、好みの場所へ風を向けられます。人感センサーを搭載しており、人の動きを察知して自動でオンオフを切り替えてくれるため消し忘れの心配も不要。インテリアの邪魔にならない、おしゃれなデザインも嬉しいポイントです。

セラミックヒーターを効果的に使って防寒を

セラミックヒーターで暖を取る男女
持ち運びがしやすく、安全性の高いセラミックヒーターは小さな子どもがいる家庭やペットがいる家庭でも使いやすい暖房器具です。また、すばやく足元を温めたい時や、エアコンや他の暖房器具と併用して短時間で部屋を暖めたい時にも活躍してくれます。消費電力や機能、使用場所に合わせた自身の使いやすいセラミックヒーターを見つけて、寒い季節を乗り切りましょう。
※こちらに掲載されている商品情報・価格・キャンペーンは掲載日時点での情報です。
※価格は変動することがございますのであらかじめご了承ください。

\ シェアする /