コラム

モノづくりは人づくり。多様な商品を生み出すアイリスオーヤマの製造・物流の強みとは

コラム | アイリスオーヤマの歴史や商品について、インタビューなどを集めたページです。

モノづくりは人づくり。多様な商品を生み出すアイリスオーヤマの製造・物流の強みとは

生活者が必要としているものを生活者の目線で商品化する「ユーザーイン発想」で、家電やインテリア、食品など多様な商品を生み出しているアイリスオーヤマ。そのアイデアを形にする強さの源泉は、国内に19拠点※、海外に18拠点(アイリスグループ全体、合計37拠点)を構える「工場」にあります。アイリスオーヤマの各工場には、商品の製造から管理、配送にいたるサプライチェーンの全工程に、お客さまのもとにスピーディーに商品を届ける工夫が施されています。そのアイリスオーヤマの工場が持つ強さの秘密を、国内の工場を統括し、製造や物流の現場を知り尽くすキーパーソンに聞きました。 ※:岡山瀬戸内工場は2025年竣工予定、御殿場物流センターは2026年竣工予定。

「働く社員にとって良い会社」であるために変化し続ける。アイリスオーヤマの人事制度とは

コラム | アイリスオーヤマの歴史や商品について、インタビューなどを集めたページです。

「働く社員にとって良い会社」であるために変化し続ける。アイリスオーヤマの人事制度とは

「働く社員にとって良い会社を目指し、会社が良くなると社員が良くなり、社員が良くなると会社が良くなる仕組みづくり。」――アイリスオーヤマではこの企業理念を掲げ、透明性と納得感を徹底した360度評価を実施。さらに、採用した人材を即戦力化する研修制度や上期・下期・年間を通じて個人の業績を評価する「評価会・グランプリ大会」、幹部社員を対象に特別賞与を支給する「決算賞与」、昇格を待たずに重要ポストに抜擢する「抜擢人事」など、ユニークな人事制度も設けています。これらの人事制度のねらいと効果、その根底にある考え方などについて、人事部のキーパーソンに話を聞きました。

【アイリスオーヤマのサステナビリティ】ジャパン・ソリューションで地域の課題を解決~ふるさとの杜再生プロジェクト~

コラム | アイリスオーヤマの歴史や商品について、インタビューなどを集めたページです。

【アイリスオーヤマのサステナビリティ】ジャパン・ソリューションで地域の課題を解決~ふるさとの杜再生プロジェクト~

アイリスオーヤマは、さまざまな社会課題を解決するためのソリューション提供を行っています。近年では地方自治体との連携を強化し、地域のさまざまな行政課題の解決に一緒に取り組んでいます。今回は、宮城県仙台市との取り組みのひとつで、東日本大震災による津波で失われた仙台東部地域の海岸林を再生する「ふるさとの杜再生プロジェクト」に参加した様子をご紹介します。あわせて、仙台市をはじめとする自治体との連携に込めた思いや、アイリスオーヤマが実現を目指す社会についてお伝えします。

各国の生活に合わせた「ユーザーイン発想」を。アイリスオーヤマのグローバル展開とは

コラム | アイリスオーヤマの歴史や商品について、インタビューなどを集めたページです。

各国の生活に合わせた「ユーザーイン発想」を。アイリスオーヤマのグローバル展開とは

生活者のことを考え、本当に必要としているものをお客様目線で開発し商品化する「ユーザーイン発想」で、家電、インテリア、食品などの多様な商品を生み出しているアイリスオーヤマ。実は日本国内のみならず、海外においても各国の文化や生活様式に合わせた「ユーザーイン発想」で商品を提供し、世界中の人々の快適な暮らしをサポートしています。そんなアイリスオーヤマのグローバル事業展開の取り組みや、日本におけるビジネスとの違い、今後の展望などについて、IRIS OHYAMA THAILAND 社長 兼 アイリスホールディングスグローバル企画部海外事業支援室 室長の森俊樹氏にインタビューしました。

【アイリスオーヤマのサステナビリティ】東北農業の未来をつなぐ、創るプロジェクト

コラム | アイリスオーヤマの歴史や商品について、インタビューなどを集めたページです。

【アイリスオーヤマのサステナビリティ】東北農業の未来をつなぐ、創るプロジェクト

環境問題・社会問題の解決を目指す「ジャパン・ソリューション」の柱のひとつとして、精米事業を展開しているアイリスオーヤマ。東北地方を中心に収穫されたお米を国内外に販売するとともに、東北地方の農業復興も行なっています。東北農業の課題解決と営農再開に向けた支援活動を「東北農業の未来をつなぐ、創るプロジェクト」と名付け、2021年からは大山晃弘社長を中心に、アイリスグループの社員や家族が参加し、福島県浪江町にて田植え・稲刈り作業を実施。その活動は年々拡大し、2023年は東京農業大学の学生さんや宮城県の「こども食堂」のこどもたちも含めて総勢約100人が参加しました。今回は5月に実施した田植えイベントについて、参加者の声とこの活動に対する思いをお伝えします。

【アイリスオーヤマのジャパン・ソリューション】“目に見えない”課題を解決!アイリスオーヤマの「エアソリューション」

コラム | アイリスオーヤマの歴史や商品について、インタビューなどを集めたページです。

【アイリスオーヤマのジャパン・ソリューション】“目に見えない”課題を解決!アイリスオーヤマの「エアソリューション」

アイリスオーヤマは、さまざまな社会課題を解決するためのソリューション提供を行っています。事業の柱となるのは、「家電事業」「LED事業」「精米事業」「ロボティクス事業」「エアソリューション事業」の5つ。今回は「エアソリューション事業」にフォーカスし、詳しくお伝えします。エアソリューション事業では、「安全な室内空間」と「省エネ・節電」のふたつの課題を同時に解決するソリューションを提供しています。具体的な仕組みと効果、これからの展望について、BtoB事業グループメーカー本部 執行役員の本所翔平氏にインタビューしました。

【アイリスオーヤマのジャパン・ソリューション】「ユーザーイン」の発想でロボットを身近に。アイリスオーヤマのロボティクス事業

コラム | アイリスオーヤマの歴史や商品について、インタビューなどを集めたページです。

【アイリスオーヤマのジャパン・ソリューション】「ユーザーイン」の発想でロボットを身近に。アイリスオーヤマのロボティクス事業

アイリスオーヤマは、さまざまな社会課題を解決するためのソリューション提供を行っています。事業の柱となるのは、「家電事業」「LED事業」「精米事業」「ロボティクス事業」「エアソリューション事業」の5つ。その中から、今回は「ロボティクス事業」にフォーカスしてお伝えします。アイリスオーヤマは2020年に法人向けサービスロボット事業に参入し、「清掃ロボット」と「配膳・運搬ロボット」の2種類の業務用ロボットを展開しています。ロボティクス事業を立ち上げた狙いや今後の展望について、執行役員 BtoB事業グループ ロボティクス事業部 事業部長 兼 アイリス電工(株)取締役副社長の吉田豊氏にインタビューしました。

【アイリスオーヤマのジャパン・ソリューション】震災被害に人材不足…苦境の農業を、東北の地から最先端ビジネスに変える

コラム | アイリスオーヤマの歴史や商品について、インタビューなどを集めたページです。

【アイリスオーヤマのジャパン・ソリューション】震災被害に人材不足…苦境の農業を、東北の地から最先端ビジネスに変える

アイリスオーヤマは、さまざまな社会課題を解決するためのソリューション提供を行っています。その中から、今回は「精米事業」にフォーカスし、詳しくお伝えします。2011年の東日本大震災を機に、東北の農業復興のため精米事業に乗り出したアイリスオーヤマ。2013年に宮城県下最大の農業生産法人「株式会社舞台ファーム」との共同出資で「舞台アグリイノベーション株式会社」を設立して以来、おいしいお米を日本全国・世界へ届けています。精米事業に乗り出すきっかけから、おいしさの秘密、日本の農業振興に向けた想いなどを、株式会社舞台ファーム代表取締役社長の針生信夫(はりうのぶお)氏、アイリスオーヤマ株式会社 食品事業部事業部長の佐々木雅人氏にインタビューしました。

【アイリスオーヤマのジャパン・ソリューション】日本の未来を照らし続ける、アイリスオーヤマのLED照明

コラム | アイリスオーヤマの歴史や商品について、インタビューなどを集めたページです。

【アイリスオーヤマのジャパン・ソリューション】日本の未来を照らし続ける、アイリスオーヤマのLED照明

アイリスオーヤマは、さまざまな社会課題を解決するためのソリューション提供を行っています。事業の柱となるのは、「家電事業」「LED事業」「精米事業」「ロボティクス事業」「エアソリューション事業」の5つ。今回は、「LED事業」について紐解いていきます。最近は家庭でもオフィスでもよく見かけるLED照明。ところが、たった数十年前までは金額も高く、あまり普及していませんでした。その状況を大きく変えたのがアイリスオーヤマです。アイリスオーヤマのLED事業のこれまでの歩みと現在の取り組み、今後の展望などを、ライティングソリューション事業部長の江藤氏にインタビューしました。

【アイリスオーヤマのジャパン・ソリューション】なるほど家電のヒミツは大阪にあった?

コラム | アイリスオーヤマの歴史や商品について、インタビューなどを集めたページです。

【アイリスオーヤマのジャパン・ソリューション】なるほど家電のヒミツは大阪にあった?

アイリスオーヤマは、さまざまな社会課題を解決するためのソリューション提供を行っています。事業の柱となるのは、「家電事業」「LED事業」「精米事業」「ロボティクス事業」「エアソリューション事業」の5つ。まずは、主力となる「家電事業」について紐解いていきます。なぜアイリスオーヤマが家電の販売を始めたのか、家電開発を支える大阪R&Dセンターや今イチオシの「なるほど家電」について、家電開発部の原氏にインタビューしました。

「ホームソリューション」から「ジャパン・ソリューション」へ。アイリスオーヤマが日本の社会課題の解決に取り組む理由

コラム | アイリスオーヤマの歴史や商品について、インタビューなどを集めたページです。

「ホームソリューション」から「ジャパン・ソリューション」へ。アイリスオーヤマが日本の社会課題の解決に取り組む理由

家庭での困りごとや悩みを「なるほど!」と思わせるアイデアで解決する、ユニークな商品を数多く生み出してきたアイリスオーヤマ。そのアイデアや技術は、日本全体が抱えるさまざまな「困りごと」の解決にも活かせるはず――その思いから、アイリスオーヤマが経営理念の柱のひとつに掲げているのが「ジャパン・ソリューション」です。これまで培ってきた製造・販売の両方の強みやノウハウを生かして、日本に元気を取り戻すための「ソリューション」を提供する。その「ジャパン・ソリューション」の取り組みをご紹介します。

アイリスオーヤマが「なるほど!」なヒット商品を生み出せる秘密とは?「アイデア」の源を社長に聞いてみた

コラム | アイリスオーヤマの歴史や商品について、インタビューなどを集めたページです。

アイリスオーヤマが「なるほど!」なヒット商品を生み出せる秘密とは?「アイデア」の源を社長に聞いてみた

アイリスオーヤマの歴史は1958年、東大阪の小さな町工場からスタートしました。以降、50年以上にわたって、私たちを「なるほど!」と思わせるユニークな商品を生み出し続けています。2021年からは、新たなコーポレートメッセージ「アイ ラブ アイデア」を展開し、全社一体となってアイデアあふれる商品作りに力を入れています。今回はその「アイ ラブ アイデア」に込められた想いや、新たなアイデアを生み出し続けるその秘訣について、代表取締役社長の大山晃弘氏に取材しました。

アイリスオーヤマのヒットの秘密に迫る!新商品が生み出される怒涛の月曜日

コラム | アイリスオーヤマの歴史や商品について、インタビューなどを集めたページです。

アイリスオーヤマのヒットの秘密に迫る!新商品が生み出される怒涛の月曜日

家電にインテリア、ペット用品にマスク、お米まで、「取り扱ってないものはない?」と思うくらい、多種多様な商品を発売するアイリスオーヤマでは、毎週月曜日に重要な会議が開催されています。1年間に1,000点以上の新商品を生み出すスピード戦略の裏には、企画・開発・製造・営業・役員までの関係者が一堂に会する、怒涛の「新商品開発会議」が繰り広げられています。今回はそんな秘密の会議に潜入し、新商品が生み出される原点を取材しました。

13 件