IRIS OHYAMA アイリスオーヤマ

検 索
MENU
  1. ホーム
  2. アイリスオーヤマがよくわかる6つのキーワード
  3. 日本のニーズに応える経営理念“ジャパンソリューション”
keyword06.高い志

日本のニーズに応える経営理念“ジャパンソリューション”

農業の国際競争力を高めるイノベーション。
【精米事業】(2014年〜)

舞台アグリイノベーション亘理工場

農業の復興なくして、東北の復興はない 私たちの地元、東北の基盤は農業です。特にお米に関しては、美味しく良質なブランド米が数多く生産されています。しかし、農家を取り巻く環境は東日本大震災・TPP・米消費量の減少などにより厳しさを増し、高齢化が進む中で後継者不足にも直面しています。

農業の復興なくして、東日本大震災からの復興はない。 そう考えた私たちは、農家の皆さまの美味しいお米を育てるノウハウにアイリスグループの持つマーケティング力や製造技術、グローバルな流通網を組み合わせ、お米の消費を拡大しようと考えました。

TPPに揺れる日本の農業を、世界に誇る産業に 美味しい新米も月日が経てば酸化・劣化して風味が落ちます。「ペットフードさえ、鮮度に気を配り、小分けにし脱酸素剤を入れて売るのが当たり前。なぜお米は2kgや5kgの大袋で売られているのだろう」。
生活者視点によるそんな素朴な疑問が、商品開発の方向性を定めました。

食味の劣化の原因は精米時に加わる熱と精米後の酸化でした。私たちはこれを防ぐため、「トータルコールド製法(玄米の低温保管・低温環境下での精米・包装)」という新しい精米技術を開発。そして、精米したての鮮度・美味しさを保つために、高気密性の小分けパックに窒素と脱酸素剤を封入した「新鮮小袋パック」方式を導入しました。

おいしさと鮮度を保ったお米は海外でも需要があると考えます。海外からの低価格輸入品に対抗するだけでなく、鮮度を保った日本の美味しいお米を輸出できるようにすることで、競争力のある商品に変え、日本の農業を世界に誇る産業に変えていきます。

トータルコールド製法

トータルコールド製法
  • 新鮮小分けパック
  • 新鮮小分けパック
    小袋には3合ぴったりのお米が入っています。
    気密性の高いパックに窒素と脱酸素剤とともに入れることで、長期の食味維持を可能にしました。
  • 無洗米
    無洗米1.8kg(3合×4袋)
  • 生鮮米
    生鮮米4.5kg(3合×10袋)
  • 5種食べ比べセット
    5種食べ比べセット
  • 3合パック
    3合パック
  • 低温製法米
    低温製法米