1. 商業施設
  2. 薬王堂・一関大東店 様

薬王堂・一関大東店 様(岩手県)

薬王堂・一関大東店 様(岩手県)

お客様に喜んでいただけるお店づくり。 独自の工夫と次世代LED照明で快適な 店内環境と節電を実現。

  • 薬王堂様は東北5県に集中して出店を行ない、地域のお客様に喜ばれるお店を目指し成長を続けるドラッグストアです。「小商圏バラエティ型コンビニエンス・ドラッグストア」というコンセプトの店舗を次々と出店し、「地域のお客様のために様々な商品を取り揃えた便利なドラッグストア」を追求しています。今回レポートするのは、岩手県一関市にオープンしたばかりの新店。全般照明に採用されたのが次世代LED照明のラインルクスシリーズです。シンプルな薄型デザインを活かし、天井がスッキリとした印象のお店になりました。
  • ラインルクスシリーズの特長

天井がスッキリして見える一直線のラインで、床面・壁面を均一に照らします。

  • 店内に入るとまず目に留まるのが天井に設置された光のライン。ラインルクスシリーズは、器具の端まで光るLEDユニットを採用しているので、連結時に継ぎ目がほとんどなく、一直線のきれいな光のラインをつくります。また発光部が器具と一体化しているため、一般的な蛍光灯の器具に比べ薄型でシンプルなデザイン。天井がスッキリして見えるのも特長です。 店内通路
  • 連結部の画像 連結しても継ぎ目が目立たないデザイン。店内の隅々を明るく均一に照らします。

陳列された商品の劣化を軽減。紫外線や熱をほとんど出さないLED照明が大活躍

  • 薬はもちろん食品や飲料など幅広いの品揃えが特長の薬王堂様。お客様が安心してお買い求めできるように、陳列された商品の品質管理には細心の注意を払っています。LED照明は有害な紫外線や熱をほとんど出さないので、食品や飲料などの商品自体の劣化を防ぎ、パッケージの色褪せも軽減します。
  • 店内通路2

独自の工夫でさらに省エネを追求。もう一歩踏み込んだ節電へ。

レジ付近は外光を利用して最小限の照明で明るさを確保。無駄な電力を省きました。また店内は少し暗めの照明を組み入れて設置。店内の明るさの印象は変えずに無駄になっていた電力を削減しました。快適にお買い物ができる明るさと大幅な省エネを両立させることに成功しました。

大きな窓に面したレジ側は照明の明るさを控えめにすることでさらに節電。店内で必要な照度を確保できる範囲で、少し暗め4,000lmの器具を組み入れて設置。明るさと省エネを両立しました。
    • 従来品
      消費電力
      16,640W
      年間消費電力量
      72,883kWh
    • ラインルクス
      消費電力
      9,703W
      年間消費電力量
      42,499kWh

    点灯時間、消費電力は試算シミュレーションです。条件(点灯時間:1日あたり12時間/年間点灯日数:365日

  • 1年で30,384kWhの削減

    消費電力約42%削減!

使用器具

  • 薬王堂・一関大東店店長菊池 様 薬王堂・一関大東店
    店長 菊池 様
  • ◎ラインルクスの感想
    光が繋がっているので綺麗に光が見えるのと、圧迫感がないのでいいと思います。
    ◎どんな変化があったか
    【施設内の見え方・雰囲気】新店の為、以前からの変化は無し。
    【従業員の評判】明るさも十分取れている為、業務に問題ないです
    ◎電気代が削減できることについて
    店舗としての経費が下がるので助かります。
    ◎CO2が削減できることについて
    環境に優しいのはいいことだと思います。
    ◎今までの蛍光灯と比べ、LEDにはどのようなことを期待しているか
    更に効率の良いものが出来てくれればと期待しています。
    ◎LED導入を検討している方へメッセージ
    蛍光灯よりも電気代も下がる為、お勧めです。
  • 施工詳細

    施設名称
    薬王堂・一関大東店
    所在
    〒029-0523
    岩手県一関市大東町摺沢字荒屋敷30-7
    施工期間
    2013年10月
    LED使用本数
    ラインルクス 241台

その他の納入事例を見る

納入事例レポートトップに戻るLED照明トップに戻る