本当に必要な防災グッズとは?準備しておきたいおすすめアイテムと選び方を紹介

本当に必要な防災グッズとは?準備しておきたいおすすめアイテムと選び方を紹介

世界でも有数の地震多発地帯である日本は、地震をはじめ、豪雨や台風による洪水・土砂災害、火山の噴火や大雪などさまざまな災害が発生しています。天災はいつ起こるか分からないので、災害に備えて、防災グッズを備えておくと良いでしょう。初めて防災グッズを揃える場合には、さまざまなアイテムがセットになっている商品がおすすめです。今回は、防災グッズとして準備しておきたいアイテムや選び方など、災害への備えに役立つ情報を紹介します。

本当に必要な防災グッズとは?準備しておきたいおすすめアイテムと選び方を紹介

+1 Day 編集部

理想の暮らしをさがす、つくる。
“ちょっといい”生活のヒントが見つかるライフスタイルマガジン
家電好きなメンバーを中心に、DIY やアウトドア、ペット関連など、衣食住にまつわる理想の暮らしにちょっと近づくアイデアや商品情報が詰まったコンテンツをお届けします!

必ず準備しておきたい防災グッズリスト

定番の防災グッズを並べたところ
まずは、防災グッズとして必要な定番アイテムを紹介します。ここで紹介するのは、誰にとっても重要なアイテムなので、基本の防災グッズとしてリスト化してチェックしてみましょう。

水・食料

水や食料は防災グッズとして必ず準備しておきたいアイテム。災害が発生したときは断水する可能性が高く、生命維持には飲料水が欠かせないため常備が必要です。また、災害時でも食べられる携帯食も準備しておくべきと言えます。長期保存が可能なものや、水・熱など加えず簡単に食べられる防災用の食料などを用意しておきましょう。

停電・通信関連

災害時、停電になっても使えるような対策アイテムも準備が必要です。灯りとして使用する懐中電灯や停電中でも情報を得られる携帯ラジオ、スマートフォンの充電が切れたときに使うモバイルバッテリーなどを用意しましょう。なお、電池もいくつかセットで用意しておくと安心できます。災害時は乾電池から充電できるモバイルバッテリーが便利です。

貴重品

通帳・印鑑・運転免許証・保険証・現金などの貴重品は、災害時にすぐ持ち出せるよう防災グッズと一緒にまとめておきましょう。災害時は停電でカードやスマートフォンによる支払い決済ができない可能性があります。そのため、いくらか小銭を含んだ現金を用意しておくことも大切です。

救急・衛生用品

災害時の怪我や、衛生的な環境を確保するのが難しくなる可能性も考え、救急・衛生用品も準備します。救急用品は、ばんそうこう・消毒液・包帯・常備薬など。ラップは耐水性もあり傷口の保護・固定にも使用できるため、重宝します。衛生用品は、マスク・ウエットティッシュ・携帯トイレ・歯ブラシなどを用意しましょう。

体を保護するアイテム

体を危険や寒さから保護するアイテムも用意してくと安心です。例えば、落下物から頭を守るための防災ずきんやヘルメット、寒いときに暖を取れるエマージェンシーブランケット、荷物運び・がれき運び・寒さ対策など幅広く使える軍手などが考えられます。

防災グッズを選ぶ際に気を付けたい3つのポイント

防災グッズを準備する人
防災グッズを選ぶ際、本当に必要なものが入っているか、使う人にあっているものかを確認することが大切です。ここでは、防災グッズを選ぶ際に、気を付けたいポイントを解説します。

①家族の人数に対応できるものを選ぶ

防災グッズは、世帯の人数に十分対応できる数量を準備することが大切です。特に、飲料水や食料に関しては、人数で準備すべき数量が大きく変わるため、気を付けなくてはいけません。最低限3日間分(72時間分)、できれば1週間の備蓄が必要です。
大人1人につき、飲料水は2~3L、洗濯、トイレ、食事の後片付けなどに使用する生活用水は3Lが1日の目安。一通りセットになっている防災セットを購入し、必要なものを買い足すと良いでしょう。

②目的に合わせた防災バッグの素材や種類を選ぶ

防災グッズは、バッグにひとまとめに収納されているものが多く見られます。その場合、バッグの素材や種類も確認しなくてはいけません。例えば、防災グッズが雨にぬれないよう注意を払うなら、水をはじくような素材でできたバッグが望ましいでしょう。
また、バッグの種類や形も多様です。両手をあけたいならリュックサック、防災グッズを多く収納したいならキャリーバッグ、コンパクトに収めたいならショルダーバッグなど、何を優先したいか考えながらバッグの種類を選んでください。

③飲料・食料は長期保存が可能なものを選ぶ

防災グッズはもしものときの備えとして保管しておくものなので、できる限り長期保存できるような飲料水・食料を用意しておくと良いでしょう。いざ災害時に食べたり飲んだりしようとしたとき、賞味・消費期限が切れている状態にならないよう、定期的なチェックも必要です。  

防災グッズに追加しておきたいアイテム

防災グッズを見直す親子
一般的な防災グッズの他に、女性や子ども、高齢者がいる家庭の場合に追加で準備しておきたいアイテムを紹介します。

【女性】準備しておきたいおすすめ防災グッズ

□生理用品(1週期分・防臭袋)
□防犯ブザー
□カップ付きインナー
□使い捨てショーツ
女性が準備しておきたいのは生理用品。普段使っているものを1周期分と防臭袋を用意します。また、避難所では不特定多数の人がいるため、身を守るための防犯ブザーがあると安心です。
災害時には洗濯ができなかったり、支援物資が届いてもサイズが合わなかったりする可能性もあるので、カップ付インナーや使い捨てショーツなども防災バッグに追加しておきましょう。

【子ども】準備しておきたいおすすめ防災グッズ

□粉ミルク
□哺乳瓶
□おむつ
□おしりふき
□母子手帳
□絵本
□おもちゃ
小さな子どもがいる家庭では、子どもが日常的に使うものも忘れず準備しましょう。乳幼児であれば、粉ミルク・哺乳瓶・離乳食・おむつ・おしりふき・母子手帳などが必須です。また、絵本やおもちゃなど子どもが楽しく過ごせるようなアイテムも準備しておくと、もしものときに気を紛らわすことができます。

【高齢者】準備しておきたいおすすめ防災グッズ

□老眼鏡
□入れ歯/入れ歯洗浄液
□常備薬
□大人用おむつ
□介護用品
普段の生活で使用しているものは、防災グッズの中に追加します。老眼鏡・入れ歯や入れ歯の洗浄液・常備薬・大人用おむつ・介護用品など、日常的なアイテムを準備しましょう。

アイリスオーヤマのおすすめ防災グッズ

それでは最後に、アイリスオーヤマのおすすめ防災グッズを紹介します。今回は便利な防災セットをいくつかピックアップしました。

防災セット食品付き 1人用 40点/NBS1-40

アイリスオーヤマの防災リュックの中身
一人暮らしにもおすすめの、防災士と災害備蓄管理士が監修した防災セット。監修者が震災経験を経て、本当に必要だと感じたリアルなラインナップが特徴です。3日分(1日2食換算)がセットになった非常食は種類が豊富で、もしものときも安心感が得られるでしょう。他にも寝具や防寒アイテム、衛生用品など厳選した防災グッズが計40点入っています。
収納用のリュックは、セット内容すべてを収めてもまだ余裕があるたっぷり容量なので、自分の持ち物をさらに追加できます。また、夜間でも周囲に居場所を知らせられる反射材付きであることもポイントです。

防災セット食品付き 2人用 67点/NBS2-67

アイリスオーヤマの白い防災リュックが置かれた部屋
家族での避難時に便利な2人用防災セット。こちらも防災士と災害備蓄管理士の監修により、飲料水・食料品・寝具・防寒アイテム・衛生用品・日用品など充実の67点がセットになっています。
リュックサックは大容量ながら、使い勝手が良く、背負いやすいのがポイントです。大きく口が開くので、中に入れているものも取り出しやすいでしょう。なお、水をはじく素材なので、雨でも問題なく使用できます。

女性向け防災セット 1人用 50点/BS1-50W

椅子に掛けたアイリスオーヤマの女性向け防災セット
女性にとって使いやすさを重視した、女性のための防災セットです。生理用品・生理用ショーツ・メイク落としシート・着替えや授乳の際に周りの目から守る目隠しポンチョなど、女性に嬉しいアイテムが充実しています。
もちろん飲料水や食料品、防寒アイテム、寝具、衛生用品の他、あると便利な日用品まで種類豊富な50点の防災グッズも含まれています。セットをすべて収納できるリュックサックは、シンプルなつくりで使いやすいのが魅力です。

いざというときの備えを。必要な防災グッズを準備しよう!

防災グッズを準備する親子
災害はいつどこで発生するかわかりません。もしものときに慌てないよう、防災グッズを準備しておくと安心です。初めて防災グッズを揃えるなら、必要なアイテムがセットになっているものがおすすめです。アイリスオーヤマにはさまざまな防災セットや防災アイテムがあるので、ぜひチェックしてみてください。災害への備えについて、今一度じっくり考えてみましょう。
※こちらに掲載されている商品情報・価格・キャンペーンは掲載日時点での情報です。
※価格は変動することがございますのであらかじめご了承ください。

\ シェアする /